人気ブログランキング |

<   2011年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

道後温泉&マドンナ・坊ちゃん電車

家人のふるさと松山市 実家から道後温泉へは自転車で15分位い  
そして松山城北側へは徒歩15分ぐらいの位置
生家には長兄夫婦が住まいをしています
四国霊場88箇所参りに長兄夫婦を迎えに5月に続いて再びの松山です

松山市内を走るマドンナバス
c0229483_2039823.jpg

坊ちゃん電車  松山市駅
c0229483_20392782.jpg

100年にもわたって人気の日本最古の道後温泉 重要文化財
今回も早朝から自転車で行ってきました

道後温泉本館 朝は6時開館なので観光客が開館を前で待ちます
c0229483_23274866.jpg
c0229483_23354152.jpg

3階左の部屋 夏目漱石の部屋                   
c0229483_22455054.jpg

こちらは椿の湯
c0229483_22453284.jpg

6時半から...こちらでも朝から待っています
こちらは市民中心に利用されています温泉で今回は椿の湯へ入りました
c0229483_8575145.jpg

からくり時計と足湯
c0229483_22461233.jpg

道後温泉街と山の上に松山城
c0229483_933898.jpg

道後温泉駅
c0229483_22464219.jpg

松山市駅⇔道後温泉駅を「ぼっちゃん電車」が走ります
c0229483_9616.jpg
 
お土産は坊ちゃん団子や醤油餅も買うけれど必ず買うものはタルト
タルトにもメーカーが色々あって「六時屋タルト」が好きかなぁ~~
でも六時屋は手に入りにくい・・・日赤病院近くの本店のみ?
c0229483_10481457.jpg
   
家人の実家の松山市
松山城も道後温泉もJR松山駅も近いし・・・いい所にあるなぁ~~
なかなか松山へ帰れないけれどまた機会をみつけよう
愛媛 白壁の内子町





.

by yuko-2816 | 2011-08-31 10:16 |  ・愛媛県 | Comments(2)

松山城

大手門跡  51万人の住む四国一の松山市です
c0229483_19152197.jpg

太鼓門
太鼓門をくぐり本丸広場に入ります
本丸広場までは自由に入る事ができます      
c0229483_19444975.jpg

本丸広場 松山城の顔です
c0229483_19181559.jpg
c0229483_19185655.jpg

本丸広場のマドンナと坊ちゃん
c0229483_19213188.jpg
c0229483_19192874.jpg

天守閣と右側へ一ノ門
c0229483_19195483.jpg

一ノ門
c0229483_19514483.jpg
c0229483_20521615.jpg

小天守から天守閣を見る
c0229483_19314855.jpg
  
c0229483_173097.jpg

天守閣から瀬戸内海をのぞむ
小高い島は興居島(ごごしま)です 
伊予小富士とも呼ばれ 海水浴にまた潮風が吹くので柑橘類が美味しい...
c0229483_1921387.jpg

左端にJR松山駅付近 山は西山で朝の散歩に登ります
右端に実家辺り  
c0229483_1741877.jpg

天守閣から眼下中央に実家辺り...家も見えてます
小学校や勝山中学校などと主人の懐かしい風景が見えます
c0229483_1793639.jpg

帰りの大手門跡
c0229483_19234175.jpg

正岡子規の歌碑 『松山や 秋より高き 天守閣』
c0229483_9133875.jpg

山の上のお城へは徒歩やロープウェーもしくわリフトで
c0229483_17175340.jpg

松山へ行きましたら家人の実家から城山の北側ふもとまで
徒歩15分ぐらいですので目と鼻の先ですから当然のように出かけます

松山城の続き 道後温泉&マドンナ・坊ちゃん電車
道後温泉・市内電車の標語






.

by yuko-2816 | 2011-08-28 19:23 | 史跡 ・城・城址 | Comments(2)

『蘭』 義姉の温室から(夏)

                   数ある蘭の中から今咲く少し珍しい花
                   バンダの仲間
c0229483_810876.jpg

                   風蘭との掛け合わせで 『古都』と名を持つ蘭
c0229483_841083.jpg

c0229483_842972.jpg

                   カトレア
c0229483_845937.jpg

         姉は蘭に夢中です
         大きい温室や場所を持ち年中温度・湿度・日光・風などに気を使ってます
         部屋には蘭展の賞が所せましと並びます

         肉厚の花びらですが透明感を感じる花です
c0229483_862024.jpg

             バンダ
c0229483_1118289.jpg

             カトレア
c0229483_11185685.jpg

        主人の実家へ帰ると兄と姉の植物コレクションにワクワクします
     
        源平臭木 (げんぺいくさぎ)も咲いてました
c0229483_16132498.jpg

             夏は義兄の植物「さつき」類の花は無かったなぁ~~







by yuko-2816 | 2011-08-27 08:08 | ちょっと一服・出来事 | Comments(6)

福知山動物園 みわちゃん

昨年 福知山動物園で
猿のみわちゃんがウリ坊の背中に乗っての散歩が人気を呼びました

今年の4月中旬ウリ坊が40キロと大きくなって危険な為
園内の散歩は4月15日がラストでした

その後のみわちゃんとウリ坊の情報が流れ再び脚光を浴びている様子
c0229483_19492995.jpg

みわちゃんとウリ坊 “ 別れても好き ”なんだそうです

大きくなったウリ坊は専用の小屋の中で暮らし
園内散歩を終えたみわちゃんはウリ坊の小屋に帰る
餌を食べるのもウリ坊の背中に乗ったまま...夜は寄り添って寝ているそうですよ

そして今のみわちゃんの散歩は
c0229483_8193379.jpg

豚の「ヒトミ」とコンビを組んで再び人気者になっているみたいです

みわちゃんがヒトミに飛び乗ったとき
ビックリしたヒトミが走り出したのが始まりで新コンビ誕生のようです

可愛いですね
また福知山動物園へ行ってみたい...遠いなぁ
            
ウリ坊とみわちゃん 最後のお散歩 
ウリ坊とみわちゃんこちらです




                        
           
・                      

by yuko-2816 | 2011-08-25 08:27 | 京都 | Comments(2)

東洋のマチュピチュ 別子銅山 ②

愛媛県新居浜市
天空の産業遺産「別子銅山」 東平(とうなる)を訪ねました
東平は標高750mの深い山あいに残る産業遺産です
           
江戸時代から昭和後期まで283年の間
3600人が暮らし繁栄時代には村に1万人の家族が住まわれていた
昭和30~40年代閉山前でも400世帯が暮らしていた東平
社宅集落には学校・病院・郵便局・プールや娯楽施設の映画館もあった

世界有数の産業遺産群や
街並みの跡地はペルーの空中都市遺跡になぞらえて
「東洋のマチュピチュ」と呼ばれ年間6万人が訪れるという
           
索道停車場跡 明治35年第3通洞が貫通された時のもの
端出場と結ぶリフトが鉱石運搬・生活用品などを運んだ跡地
c0229483_8342464.jpg

ナナカマド
c0229483_21354663.jpg

線路が引かれインクラインとして使われていたところ
今は220段の階段がつくられ下へ降りると病院や娯楽施設があった
c0229483_094221.jpg

当時のインクライン
c0229483_8351348.jpg

インクラインの石垣
c0229483_21364758.jpg

一番上の画像を下から見たもの
c0229483_21365924.jpg

イナゴがいました~~夏目漱石 坊ちゃん風に伊予弁で
c0229483_2035596.jpg

貯鉱庫跡
山腹に突如現われる巨大遺構は一番の見どころ
c0229483_21375861.jpg
c0229483_12104342.jpg

ニシキギの紅葉 高地では早くも紅葉が始まり緑との調和が美しい
c0229483_2138961.jpg

1000mもの高さまで輸送鉄道を引きここまで下ろされた銅
ここから新居浜まで索道(空中を渡したロープに吊り下げたケーブル)で輸送
索道停車場跡を横から見たもの
c0229483_21382281.jpg
c0229483_21383570.jpg

採取した鉱石の貯蔵庫跡
c0229483_21385217.jpg
c0229483_214010100.jpg

インクライン跡 
c0229483_21405291.jpg

東平の自然は美しい
c0229483_21393551.jpg
c0229483_21395233.jpg

山の中には社宅や作業場が建ち並びその働く人と家族のため
小中学校や病院・郵便局・雑貨店・歌舞伎の劇場まであったという

小さな漁村だった新居浜は鉱山が栄え鉱山鉄道や商店街など
金属・重機・化学など国内屈指の臨海工業地帯として発展にいたる

この後は松山市の主人の実家へ   松山城


 

            

.

by yuko-2816 | 2011-08-21 07:30 |  ・愛媛県 | Comments(4)

東洋のマチュピチュ 別子銅山 ①

愛媛県新居浜市 天空の産業遺産 別子(べっし)銅山
山肌に石積み遺構が残る様子が南米ペルーの世界遺産を思わせるという
そこから「東洋のマチュピチュ」と呼ばれる由縁のようです

新居浜市 松山自動車道から程近い別子ラインを入りました別子ゾーン
標高750mの東平ゾーンの280年間採掘された
鉱山の歴史と森の癒しに出会える場所として入る事ができます

東平(とうなる)ゾーンとの高低さを埋めるループ橋です
c0229483_7344329.jpg

ループ橋の奥にダムの水門
c0229483_9205445.jpg

足谷川
c0229483_735292.jpg

旧水力発電所
別子銅山の動力源として明治45年建築で愛媛県を代表する西洋建築物         
c0229483_874087.jpg

鉱山を1000メートルまで掘り下げ高い山から出る大量の水
この邪魔物の水を大きい水車で発電されていた当時トップクラスの発電所
c0229483_881627.jpg

当時の人々の様子
c0229483_7352974.jpg

鉱山鉄道駅 当時の蒸気機関車を復元
c0229483_864539.jpg

鹿の子百合が満開です
c0229483_736317.jpg

復元された蒸気機関車は観光として運行されています
当時のままのトンネルや鉄橋を走ります         
c0229483_915482.jpg

トンネルは明治26年鉄道開通に合わせて竣工されたもの
c0229483_9154340.jpg

別子銅山は住友企業の鉱山
昭和12年 住友企業の迎賓館として建築された純和風の建物         
c0229483_7365273.jpg

ここには採鉱本部が置かれた端出場第4通洞が残り
現在は「マイントピア別子」としてレジャー施設や道の駅になっています
明治を思わせる赤煉瓦造りの建物
c0229483_737612.jpg

ハナミョウガ
c0229483_236985.jpg

アメリカフヨウ
c0229483_2361268.jpg

お土産は昔から口にしてます有名な「別子飴」
c0229483_910490.jpg

四国へ行くたびに以前から行ってみたいと思っていました別子です

高速道新居浜下車はなかなか機会がなく...
今回 徳島阿波踊りのあと徳島ではホテルの空きは望めなくて
徳島からはなれ夜半の12時に新居浜のホテル着に計画を企てました
上手い具合に実現してよかったです♪

東洋のマチュピチュ 別子銅山 ② こちらです








by yuko-2816 | 2011-08-20 19:37 |  ・愛媛県 | Comments(3)

阿波踊り  ③

c0229483_23495662.jpg
c0229483_23501367.jpg
c0229483_23502386.jpg
c0229483_23141281.jpg
c0229483_23125754.jpg

踊る阿呆に見る阿呆  
見る阿呆を目いっぱいしてきました~~どちらの阿呆もいっぱいです(*^-^*)      
c0229483_23105376.jpg
c0229483_2371668.jpg
c0229483_2373524.jpg

町中が見る阿呆でごった返しています
c0229483_2375173.jpg

吉野川河川敷の駐車場からバスがピストン運転されています
帰りの河川敷までのバスは団体客も多くて何時乗れのか分からない人の長蛇
河川敷まで20分でしたが歩いて正解でした
阿波踊りは何度も見ているけれど今年は特に人が多かったような

この後は徳島ではホテルが満杯状態ですので
夜中着予約で新居浜市のホテルへ向けて車を走らせました

東洋のマチュピチュ 別子銅山 ①





          
.              

by yuko-2816 | 2011-08-19 21:47 | 四国地方(未分類) | Comments(0)

阿波踊り  ②

“ 踊る阿呆に見る阿呆 同じ阿呆なら 踊らにぁ損そん ” 060.gif

見る阿呆をしてきました  (p^-^)p あはっ♪ ちょっと損しました
手さばき
c0229483_23292741.jpg

足さばき
c0229483_23183927.jpg
c0229483_23193036.jpg

子供さんも小さい時から身に染み付いているのでしょうね~~
c0229483_23185621.jpg
c0229483_23191582.jpg
c0229483_23195934.jpg
c0229483_23203037.jpg

小さい足に高下駄をはいて 
c0229483_23262381.jpg
c0229483_23265775.jpg
c0229483_2327721.jpg

女の方が男踊りを
c0229483_23341816.jpg
c0229483_2334484.jpg
c0229483_23351031.jpg
c0229483_23405022.jpg

鳴り物
c0229483_232811.jpg
c0229483_23403851.jpg
c0229483_23404753.jpg
c0229483_23413239.jpg

足さばき
c0229483_23431371.jpg


阿波踊り ③ こちらです 


            



.

by yuko-2816 | 2011-08-18 23:20 | 四国地方(未分類) | Comments(1)

徳島 阿波踊り ① 2011

お盆は家人の実家がある四国松山へ...
          
家を出ましてまもなくの阪神高速湾岸線  え~~もう渋滞
明石入り口は渋滞の情報はあるけれど草々に渋滞とはビックリでした
USJへ行く車の降り口が何キロと渋滞の為スタートから1時間遅れです
USJの広い駐車場は上から見る限り一杯です 混んでるのでしょう

湾岸線 神戸方面へカーブ
c0229483_025317.jpg

やっとの思いでたどりつきました明石大橋  よく流れています
c0229483_04920.jpg
c0229483_042616.jpg

鳴門サービスエリアで鳴門の鯛を入れた「鯛塩ラーメン」
c0229483_074957.jpg

「鯛うどん」
c0229483_9383676.jpg

鳴門から徳島へ  吉野川と向こうは眉山
昔 徳島で一年ぐらい住まいをしてました
この橋を渡った対岸に借りていましたマンションが見えてきます
c0229483_0122377.jpg
c0229483_011266.jpg

徳島駅前の有名なワシントンヤシ
c0229483_02924100.jpg

中心部を流れます新町川 この辺りが阿波踊りの舞台中心部です
c0229483_8115255.jpg
c0229483_8164213.jpg

ポストの上も阿波踊り
c0229483_8193260.jpg

町中が夕方から始まる阿波踊りに向けて準備中です
c0229483_9405330.jpg

商店街
c0229483_115471.jpg

商店街もご覧のとおり練習中です
c0229483_1145334.jpg

写真を撮らせていただきました
c0229483_9434876.jpg

後ろ姿
c0229483_1134763.jpg

上の子供さん 
c0229483_059468.jpg

会場へお急ぎ中です
c0229483_115190.jpg
c0229483_025485.jpg
  

阿波踊り ② こちらです




       

.                    

by yuko-2816 | 2011-08-17 00:11 | 四国地方(未分類) | Comments(1)

続編 金剛山

下から見る金剛山
c0229483_17583578.jpg

山頂から見る風景   中央はPL教団 平和の塔
c0229483_180640.jpg

ウバユリ
c0229483_1804637.jpg

自然の中...  山頂の紫陽花
c0229483_187656.jpg

歩きにくい登山道
c0229483_182390.jpg

c0229483_183937.jpg

木のカーブを使った可愛い手すり
c0229483_18464824.jpg

沢の流れ
c0229483_1816413.jpg

タオルにとまった蝶
c0229483_18345418.jpg

下界より10度も低くて涼しいです 山頂
c0229483_18332934.jpg

       
 キンミズヒキ    ゲンノショウコ    ヤマホタルブクロ  アジサイ
c0229483_18281146.jpg

 ノリウツギ         クサアジサイ      ダイコンソウ
c0229483_18282429.jpg

 レース状の葉(虫のいたずら) 赤い実      マツモトセンノウ

この日の山頂は24度 下界とは確実に10度は違います
とても心地いい風が頬を伝いますよ
心地よい風や水の流れそして風景や草花が 
私にとって大変な登山ですが達成感は相当なものです






.

by yuko-2816 | 2011-08-12 15:42 | ・二上山・葛城山・金剛山 | Comments(2)