人気ブログランキング |

カテゴリ: ・愛媛県( 13 )

松山市 路面電車

松山は駅名の呼び方が慣れないと少しややっこしいです
(大阪も大阪駅と梅田駅と同じ場所でもJRと私鉄で呼び方が変わりますが)
・JR松山駅(松山駅)・・JR関係の駅
・JR松山駅前・・古町駅方面・松山市駅や道後温泉方面への路面電車の駅
・松山市駅・・(JR松山駅とは随分はなれます)いよてつ高島屋前で市内電車
  坊っちゃん列車・各路線バス・郊外電車の起点駅になっています
当然ですが大阪⇔松山間の高速バスの発着も運営会社によって
JR松山駅であったり松山市駅であったり駅同士が離れているので要注意です

沢山の路面電車が走っていますが数年前に超低床式軌道電車も導入され
その頃かと思いますが電車の色が赤っぽい色に変わりました

遠くに見えてきた郊外電車 伊予鉄
c0229483_18395070.jpg

踏み切りに入ってきた伊予鉄電車
この踏み切りはJR松山駅まえから一つめの大手町
線路が道路上で直角に交差するダイヤモンドクロスの有名な場所
電車に気をとられて足元のダイヤモンドクロスが写ってなく大失敗(x_x;)
もう少し下がればいいものを・・・
c0229483_10105242.jpg

踏み切り前で市電とバスが電車の通過を待つ光景
ここまで撮っているのにダイヤモンドクロスが無い・・・   
c0229483_1011865.jpg

12月に続き1月末から再び家人の実家である松山へ行ってました
用事のかたわらわずかな時間を利用して路面電車の世界へ~~
続きの路面電車は「花の部屋」へ 松山市 路面電車つづき


四国から帰って間もなく2月2日・3日と日本海へ・・・その間 
節分も終り巻き寿司の「かぶりつき」も用意することもなく過ぎました
江戸時代末 
大阪船場の商家から広まったとされる風習のその年の恵方を向いて
無言でもくもくと食べる「かぶりつき」

コンビニ展開で全国区になった「恵方巻き」と呼ばれる巻き寿司
毎年売れ残った大量のお寿司の食品ロスが大問題になっていますが
今年はどうだったのでしょうね・・  
お店も食べる家庭も考えなくてはいけないと思います・・手作りが一番かも
息子達が食べ盛りの頃は20本ぐらい巻いていたのが懐かしい

2011年6月 道後温泉・市内電車の標語
2011年8月 道後温泉&マドンナ・坊ちゃん電車








. 

by yuko-2816 | 2019-02-05 10:32 |  ・愛媛県 | Trackback | Comments(0)

大洲市 臥龍山荘・四万十川④

臥龍山荘(がりゅうさんそう)
肱川流域随一の景勝地臥龍淵に明治の貿易商河内寅次郎氏の別荘
肱川と冨士山(とみすやま)を借景とした庭と茶室などを持つ日本建築

時間の都合で臥龍山荘の外廻りです
c0229483_8392384.jpg
c0229483_8401733.jpg
c0229483_8405411.jpg
c0229483_8414414.jpg
c0229483_8421257.jpg
c0229483_842532.jpg

愛媛県大洲から高地県へ~~
「夢のながれ」といわれる四万十川
流域は魅力がいっぱいなんですが冬の事とて先を急ぎます
c0229483_91538.jpg

四万十川には沈下橋が幾つも架かっています
c0229483_952179.jpg
c0229483_961469.jpg
c0229483_965586.jpg

趣のある鉄橋や橋がたくさん架かっています
橋や鉄塔が好きですのでこちらの橋を代表で  (^_-)-☆         
c0229483_994395.jpg
c0229483_9739100.jpg

四万十川では沈下橋  
和歌山の古座川では潜水橋となっていたと思います
低水位の状態では橋として使え増水時には水面下に沈んでしまう橋

沈下橋や潜水橋は低い位置に架橋され架橋長が短くできる事から
低い費用でしかも速やかに作ることができるというメリットがあるとのことです

高知市 桂浜








.

by yuko-2816 | 2018-01-24 10:08 |  ・愛媛県 | Trackback | Comments(0)

大洲市 城下町の佇まい③

300メート程はなれた肱川の土手から見る大洲城
明治の町並みを見ようとここまで駆け出してきました

伊予の小京都と呼ばれる大洲 肱川の流域にある大洲城を中心にした城下町です
c0229483_10174921.jpg

明治の家並み
c0229483_18585885.jpg
c0229483_19175091.jpg

お遍路道と書かれています
c0229483_1905773.jpg
c0229483_1912530.jpg

大洲神社 西側の階段から
c0229483_1923025.jpg

大洲神社 階段をふりかえってみました
c0229483_1935789.jpg

本殿
c0229483_19135518.jpg

えびすさま
c0229483_871525.jpg

大洲神社 階段とは反対側の東の鳥居
c0229483_19154685.jpg
 

大洲市 臥龍山荘・四万十川④







.         

by yuko-2816 | 2018-01-23 10:10 |  ・愛媛県 | Trackback | Comments(0)

なにもない魅力 下灘駅

c0229483_17471785.jpg

目の前に広がる青い海と真っ直ぐ延びる線路と無人駅
昭和10年愛媛県伊予市を走る予算本線の終着駅として開業
その後 昭和60年に無人駅となって
昨年平成29年11月
「下灘駅」ホームがひたすらそこにあり続けたという
「たんたん系」として「なかなか遺産」第5号に認定されたようですよ

「下灘駅」(しもなだえき)
c0229483_1648402.jpg

駅舎には改札も券売機も有りませんが
暖かい座布団とお花や写真がいっぱい飾られていました
きっと地元の方達によって駅は守られているのでしょう  
c0229483_21184579.jpg
 
c0229483_21193998.jpg

海と夕日に時折やってくるであろう列車
そんな光景に出会えるといいのですが・・・
天候や時間をみながら何度も出直せる場所ではないのが残念
c0229483_2018766.jpg
c0229483_2127469.jpg
c0229483_1791191.jpg

予讃線は高松から坂出や丸亀・今治・松山などを通り
伊予市・下灘から八幡浜・終点の宇和島まで

プラットホームは海より随分高い所で線路より下には海沿いを走る国道
海と反対側は
山が海に迫った地形で下灘駅周辺は山際にも細い道が通っています
「日本一海に近い駅」として雑誌や旅番組でもよく見かけます
c0229483_179331.jpg
c0229483_1795261.jpg
c0229483_17101521.jpg

ジーゼルっていうのもいいのよね・・・線路上の電線がないですし
c0229483_17103461.jpg

今まで随分あちらこちらへ出歩きましたので
ここといって行きたい所がなかなか思い浮かばないのですが・・

「下灘駅」は一昨年ごろから行ってみたいと思っておりました
青い海に沈む夕日が魅力なんですが
時間の都合でそうともいっておれなくて目の前の景色を楽しみました

四国への旅 愛媛県大洲市 大洲城







.

by yuko-2816 | 2018-01-19 10:11 |  ・愛媛県 | Trackback | Comments(0)

松山市内電車 新型LRT車

          松山市内 朝7時ごろの実家近くの見慣れた風景
c0229483_984978.jpg

         昨年の9月に導入されたという伊予鉄市内電車
         奥に走る新型LRT車両(次世代型路面電車)に運良く出会いました
         他の車両も赤く変身して松山へは暫くご無沙汰でビックリでした
c0229483_9104130.jpg

          そして実家近くの駅
          踏み切りを渡ればそこには実家が・・・
c0229483_9135224.jpg

          赤い電車に続いて従来の色の電車も来てホッと?しましたよ~~
c0229483_9145710.jpg

         坊ちゃん電車に出会えなかったわぁ~~
         四国への旅続きの なにもない魅力 下灘駅

         松山市など西方面は大阪より明るくなるのが遅いのを実感です
         逆に東北へ行ったとき日の入りが早くて午後4時半にはもう暗かった
         日本は長いね~~わかっているけどね
         大阪は中間地点かも・・・早くもなく遅くもなく  ★⌒(#^-゜#)v






.

by yuko-2816 | 2018-01-18 09:18 |  ・愛媛県 | Trackback | Comments(0)

愛媛 白壁の内子町

          白かべの町は何度歩きましてもいいですね
          何度目かしらね...
          3~4回目かもですが松山へ行ったら何時も歩きたい
c0229483_2140411.jpg

c0229483_21404989.jpg

c0229483_21424815.jpg

c0229483_2163655.jpg

c0229483_217825.jpg

c0229483_2172981.jpg

c0229483_218854.jpg

c0229483_2144225.jpg

c0229483_21442275.jpg

c0229483_21444082.jpg

           内子座
c0229483_21463354.jpg

           この後は松山市から今治への参拝へ出かけました
           お大師さん51番石手寺(松山市)





.

by yuko-2816 | 2011-09-01 21:01 |  ・愛媛県 | Trackback | Comments(0)

道後温泉&マドンナ・坊ちゃん電車

家人のふるさと松山市 実家から道後温泉へは自転車で15分位い  
そして松山城北側へは徒歩15分ぐらいの位置
生家には長兄夫婦が住まいをしています
四国霊場88箇所参りに長兄夫婦を迎えに5月に続いて再びの松山です

松山市内を走るマドンナバス
c0229483_2039823.jpg

坊ちゃん電車  松山市駅
c0229483_20392782.jpg

100年にもわたって人気の日本最古の道後温泉 重要文化財
今回も早朝から自転車で行ってきました

道後温泉本館 朝は6時開館なので観光客が開館を前で待ちます
c0229483_23274866.jpg
c0229483_23354152.jpg

3階左の部屋 夏目漱石の部屋                   
c0229483_22455054.jpg

こちらは椿の湯
c0229483_22453284.jpg

6時半から...こちらでも朝から待っています
こちらは市民中心に利用されています温泉で今回は椿の湯へ入りました
c0229483_8575145.jpg

からくり時計と足湯
c0229483_22461233.jpg

道後温泉街と山の上に松山城
c0229483_933898.jpg

道後温泉駅
c0229483_22464219.jpg

松山市駅⇔道後温泉駅を「ぼっちゃん電車」が走ります
c0229483_9616.jpg
 
お土産は坊ちゃん団子や醤油餅も買うけれど必ず買うものはタルト
タルトにもメーカーが色々あって「六時屋タルト」が好きかなぁ~~
でも六時屋は手に入りにくい・・・日赤病院近くの本店のみ?
c0229483_10481457.jpg
   
家人の実家の松山市
松山城も道後温泉もJR松山駅も近いし・・・いい所にあるなぁ~~
なかなか松山へ帰れないけれどまた機会をみつけよう
愛媛 白壁の内子町





.

by yuko-2816 | 2011-08-31 10:16 |  ・愛媛県 | Trackback | Comments(2)

東洋のマチュピチュ 別子銅山 ②

愛媛県新居浜市
天空の産業遺産「別子銅山」 東平(とうなる)を訪ねました
東平は標高750mの深い山あいに残る産業遺産です
           
江戸時代から昭和後期まで283年の間
3600人が暮らし繁栄時代には村に1万人の家族が住まわれていた
昭和30~40年代閉山前でも400世帯が暮らしていた東平
社宅集落には学校・病院・郵便局・プールや娯楽施設の映画館もあった

世界有数の産業遺産群や
街並みの跡地はペルーの空中都市遺跡になぞらえて
「東洋のマチュピチュ」と呼ばれ年間6万人が訪れるという
           
索道停車場跡 明治35年第3通洞が貫通された時のもの
端出場と結ぶリフトが鉱石運搬・生活用品などを運んだ跡地
c0229483_8342464.jpg

ナナカマド
c0229483_21354663.jpg

線路が引かれインクラインとして使われていたところ
今は220段の階段がつくられ下へ降りると病院や娯楽施設があった
c0229483_094221.jpg

当時のインクライン
c0229483_8351348.jpg

インクラインの石垣
c0229483_21364758.jpg

一番上の画像を下から見たもの
c0229483_21365924.jpg

イナゴがいました~~夏目漱石 坊ちゃん風に伊予弁で
c0229483_2035596.jpg

貯鉱庫跡
山腹に突如現われる巨大遺構は一番の見どころ
c0229483_21375861.jpg
c0229483_12104342.jpg

ニシキギの紅葉 高地では早くも紅葉が始まり緑との調和が美しい
c0229483_2138961.jpg

1000mもの高さまで輸送鉄道を引きここまで下ろされた銅
ここから新居浜まで索道(空中を渡したロープに吊り下げたケーブル)で輸送
索道停車場跡を横から見たもの
c0229483_21382281.jpg
c0229483_21383570.jpg

採取した鉱石の貯蔵庫跡
c0229483_21385217.jpg
c0229483_214010100.jpg

インクライン跡 
c0229483_21405291.jpg

東平の自然は美しい
c0229483_21393551.jpg
c0229483_21395233.jpg

山の中には社宅や作業場が建ち並びその働く人と家族のため
小中学校や病院・郵便局・雑貨店・歌舞伎の劇場まであったという

小さな漁村だった新居浜は鉱山が栄え鉱山鉄道や商店街など
金属・重機・化学など国内屈指の臨海工業地帯として発展にいたる

この後は松山市の主人の実家へ   松山城


 

            

.

by yuko-2816 | 2011-08-21 07:30 |  ・愛媛県 | Trackback | Comments(4)

東洋のマチュピチュ 別子銅山 ①

愛媛県新居浜市 天空の産業遺産 別子(べっし)銅山
山肌に石積み遺構が残る様子が南米ペルーの世界遺産を思わせるという
そこから「東洋のマチュピチュ」と呼ばれる由縁のようです

新居浜市 松山自動車道から程近い別子ラインを入りました別子ゾーン
標高750mの東平ゾーンの280年間採掘された
鉱山の歴史と森の癒しに出会える場所として入る事ができます

東平(とうなる)ゾーンとの高低さを埋めるループ橋です
c0229483_7344329.jpg

ループ橋の奥にダムの水門
c0229483_9205445.jpg

足谷川
c0229483_735292.jpg

旧水力発電所
別子銅山の動力源として明治45年建築で愛媛県を代表する西洋建築物         
c0229483_874087.jpg

鉱山を1000メートルまで掘り下げ高い山から出る大量の水
この邪魔物の水を大きい水車で発電されていた当時トップクラスの発電所
c0229483_881627.jpg

当時の人々の様子
c0229483_7352974.jpg

鉱山鉄道駅 当時の蒸気機関車を復元
c0229483_864539.jpg

鹿の子百合が満開です
c0229483_736317.jpg

復元された蒸気機関車は観光として運行されています
当時のままのトンネルや鉄橋を走ります         
c0229483_915482.jpg

トンネルは明治26年鉄道開通に合わせて竣工されたもの
c0229483_9154340.jpg

別子銅山は住友企業の鉱山
昭和12年 住友企業の迎賓館として建築された純和風の建物         
c0229483_7365273.jpg

ここには採鉱本部が置かれた端出場第4通洞が残り
現在は「マイントピア別子」としてレジャー施設や道の駅になっています
明治を思わせる赤煉瓦造りの建物
c0229483_737612.jpg

ハナミョウガ
c0229483_236985.jpg

アメリカフヨウ
c0229483_2361268.jpg

お土産は昔から口にしてます有名な「別子飴」
c0229483_910490.jpg

四国へ行くたびに以前から行ってみたいと思っていました別子です

高速道新居浜下車はなかなか機会がなく...
今回 徳島阿波踊りのあと徳島ではホテルの空きは望めなくて
徳島からはなれ夜半の12時に新居浜のホテル着に計画を企てました
上手い具合に実現してよかったです♪

東洋のマチュピチュ 別子銅山 2 こちらです








by yuko-2816 | 2011-08-20 19:37 |  ・愛媛県 | Trackback | Comments(3)

道後温泉・市内電車の標語

愛媛県松山市
道後温泉から松山城をはさんで家人の実家があります
今回は道後温泉泊で楽しみました

ホテルから道後温泉本館をみて遠く右上の山には松山城
眼下には年間の入浴客が100万人にのぼるという道後温泉本館です
c0229483_861523.jpg

神の湯 一般の入り口 
毎朝6時に刻(とき)太鼓で開館をつげ6時前には沢山の方が待ってます 
私も実家から自転車でやってきて(15分位い)
6時過ぎから源泉掛け流しの神の湯へ・・・ちなみに入浴料は410円です
c0229483_8185217.jpg

こちらは皇室専用入り口
c0229483_23224111.jpg
c0229483_17224094.jpg

夜の様子
本館上の振鷺閣(しんろかく)には伝説の白鷺
c0229483_1722564.jpg

3階の一角 坊ちゃんの間
夏目漱石をしのんで作られた部屋です
c0229483_17233039.jpg

道後温泉駅まわり  坊ちゃん電車
c0229483_1724365.jpg

市内電車の標語を読むのが好きです
面白いですね~~やっぱり俳句の町ですね
「宝物だ」 と言ってくれたあなたが私のタカラモノ053.gif
c0229483_17593418.jpg

「もうおこるよ!」もうおこっとるくせに!ねぇ母さん053.gif
c0229483_180791.jpg

からくり時計 からくりは8時からです 残念
c0229483_17244110.jpg

時計の横には足湯があります
足湯のお湯の出口は神の湯に同じ形をしています
c0229483_16491620.jpg

商店街
c0229483_16484078.jpg

松山から少し離れました西条あたりの風景
夏を告げる黄金色一色の麦畑です
高速道路車中から88箇所参りの高地へ向けて走っています
c0229483_16455432.jpg

道後温泉には義兄夫婦と...
沢山のお料理の中でも目新しく思いました冷製冬瓜のスープ
c0229483_9581163.jpg

冬瓜は大好きですので今年の夏は冬瓜スープは重宝することと思います   
松山 庚申庵史跡庭園・子規堂




     


by yuko-2816 | 2011-06-10 08:06 |  ・愛媛県 | Trackback | Comments(1)