人気ブログランキング |

カテゴリ:・枚方・寝屋川・池田  ・守口( 5 )

大坂街道 御殿山神社③

御殿山神社  裏鳥居石段を上がる
c0229483_1210359.jpg

高台に鎮座する御殿山神社
c0229483_1221212.jpg

神社拝殿
c0229483_12113590.jpg

今回の終着 京阪枚方駅です
c0229483_12254822.jpg

目的地の牧野車塚古墳や御殿山神社などへ到着するも歩き疲れて
一休み気分になって押さえたい所をスルーしている
歴史街道を歩きながら自分のふがいなさにガッカリが多い昨今です
それでなくても歴史の話しは重くてにわかに理解できない私です
でも健康や多少興味を持って
楽しく歩くだけでもいいっか・・そんな軽い気持ちの歴史街道でした





.

by yuko-2816 | 2019-09-07 00:01 | ・枚方・寝屋川・池田  ・守口 | Comments(0)

大坂街道 天の川・牧野車塚古墳②

枚方市 天の川に架かる鵲橋(かささぎはし)
「 鵲橋(かささぎはし)は七夕の夜牽牛星(彦星)と織女星(織姫)
年に一度の逢瀬に
鵲(かささぎ)の群れが羽を広げて橋をかけ2人を逢わせたと言う伝説の橋の名

天の川「 鵲橋(かささぎはし)」周辺の光景
c0229483_1342110.jpg

c0229483_13432489.jpg

江戸時代のかささぎ橋はたくさんの橋脚を持った欄干のない長い土橋だった
昭和7年鋼鉄製の橋になって60年間役割を果たし現在の橋に付け替えられる
付け替え前の橋の一部
c0229483_13423461.jpg

このモニュメントが気になって周りの写真がなくてえぇぇ~~
c0229483_13422171.jpg

枚方市  牧野車塚古墳(まきのくるまづかこふん)前方後円墳
北河内地域の首長の墓と見られ1922年に国の史跡に指定
c0229483_11214058.jpg

c0229483_1121524.jpg

牧野車塚古墳・前方部から後円部への道
c0229483_13315296.jpg

前方部 古墳クビレ部
c0229483_1332258.jpg

古墳上からの後円部
c0229483_1122360.jpg

大坂街道の中間地点に位置する大阪府枚方市は宿場町として栄え
天野川沿いの東見附は宿場の出入り口に設けられた番所であった
c0229483_11561832.jpg

八幡屋
c0229483_11592526.jpg

八幡屋 問屋役人の小野平右衛門家 幕末期建築の町屋の遺構が現存
c0229483_11593564.jpg


続きの大坂街道大坂街道 御殿山神社③







.

by yuko-2816 | 2019-09-06 11:24 | ・枚方・寝屋川・池田  ・守口 | Comments(0)

大坂街道・京街道 片埜神社①

大坂街道(おおさかかいどう)は京街道(きょうかいどう)とも呼ばれ
大坂の京橋(大阪市)から淀川左岸に沿って進み淀を通り京(京都市)まで

京阪電車に沿って京阪・八幡市駅(京都府の南部八幡市(やわたし))から
大阪府枚方宿まで
途中電車を使いながら徒歩区間:約11kmを見聞きしながら歩きました

片埜神社(かたのじんじゃ)
大阪城築城のとき豊臣秀吉により鬼門鎮護の社と定められ
方除社として大阪府の鬼門を守り天下取りの神社としても知られる
三の鳥居南門(赤門)
c0229483_0594288.jpg

東門(黒門)
c0229483_103112.jpg

拝殿・境内
c0229483_125177.jpg

本殿(重要文化財)
c0229483_112154.jpg

神牛
c0229483_131054.jpg

依姫社(よりひめしゃ)(境内社)
c0229483_135171.jpg

鬼門鎮守の神様  鬼がいっぱいです
c0229483_1234070.jpg

c0229483_145161.jpg


続きの大坂街道 大坂街道 天の川・牧野車塚古墳②

063.gif
※京阪線 今回スタートしました現在の駅名「八幡市(やわたし)駅」には
有名な「石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)」があります
京都のこととてあまりよく知らない者には
「やわたし駅」なのか 「はちまんし駅」 と呼ぶのかスーッと入って来ません

10月1日から京阪線の八幡市(やわたし)駅が
「石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)駅」に変更されます

大阪も同じ場所なのに大阪駅(JR )なのか梅田駅(私鉄 )なのか区別がつきにくい

阪急電車と阪神電車も10月1日から「梅田駅」を「大阪梅田駅」に変更されます
でもこちらの変更はどうなんでしょうね~~
狭い範囲に各方面から地下鉄が乗り込んで入って
JR「大阪駅」を中心に「大阪梅田駅」地下鉄は「梅田駅」「東梅田駅」
「西梅田駅」「JR北新地 」こんなにあります~~(^-^;)






.

by yuko-2816 | 2019-09-05 23:41 | ・枚方・寝屋川・池田  ・守口 | Comments(0)

関西花の寺 久安寺の紫陽花

大阪府池田市  
関西花の寺 高野山真言宗 第12番 大澤山 久安寺(きゅうあんじ)

山々を借景に高い木々に覆われた広大な境内
春は桜に始まり牡丹・石楠花・大山れんげ・睡蓮・紫陽花・蓮
酔芙蓉・秋桜・紅葉・山茶花・椿などと年中楽しみなお寺さん
境内は木々の木陰でたくさんの紫陽花が生きいきと咲いています

久安寺 楼門 国重要文化財
羽根を広げ今飛びたとうとする鳥のような軽やかな楼門
室町時代初期応永年間(1394-1428)建立と伝え
「最も美しい楼門」と評価される文化財・・パンフレットより
c0229483_1153068.jpg

c0229483_11134895.jpg

池に浮かべられた色とりどりの紫陽花
「わぁ~~」っと方々から感嘆の声があがります
c0229483_1116035.jpg

岩の上には小さい「お大師」さま 白い小さい花は水草の「クロモ」
c0229483_11161327.jpg

柏葉紫陽花
c0229483_11211437.jpg

鐘楼と柏葉紫陽花
c0229483_11225671.jpg

大師堂
c0229483_11233251.jpg

c0229483_1124154.jpg

c0229483_11245580.jpg

楼門
c0229483_11252446.jpg


続きは「花の部屋」へ 久安寺 紫陽花





.

by yuko-2816 | 2018-07-03 11:28 | ・枚方・寝屋川・池田  ・守口 | Comments(0)

京街道「枚方宿」和紙雛人形

          桃の節句 お雛さまにちなんで「和紙のひな人形展」から

          先日 京街道 大阪「枚方宿」を歩いてきました
          枚方市枚方宿鍵屋資料館では
          珍しい「和紙のひな人形展」が開催中でみせていただきました
          衣装はもちろんお顔から指先まですべて
          和紙で作られたお雛様は素晴らしいものです
c0229483_18385836.jpg

          人形展を見せてもらった数日後の新聞に
          「和紙の人形展」が開催中の事が掲載されており偶然でビックリでした

          地元の創作和紙人形作家
          河本ニ三子さんの作品で資料館が寄贈を受けられた約65体の作品
c0229483_18392011.jpg

          「真夜中のお雛様」
            「楽しいひな祭りの宴が終りお客様もお帰りになりました
            家人も寝静まった真夜中
            お務めを終えたお雛様達はすっかりくつろいでいるようです
            お酒を酌み交わしたりお料理を食べたり奥では楽しい踊りが・・・
            仲良く楽器の練習をする姿もあります
            作者の遊び心がうかがえる楽しいお雛さまです」 ・・説明文より
c0229483_18405649.jpg

c0229483_18432931.jpg

         「春爛漫うかれ雛」
           「春たけなわ 満開の桜の下に集いにぎやかなお花見の様子
           桜の木も花びらもすべて手作りです
           楽しげに楽器を打ち鳴らすもの仲睦まじい内裏雛の様子に
           ここちよい春の風までもが感じられるような作品です」 ・・説明文より
c0229483_23592156.jpg

c0229483_9241490.jpg

c0229483_9243769.jpg

         「月見の宴」
           「秋もたけなわ
           美しい満月の晩 宮中の庭に唐風の船を浮かべてのお月見
           水面に映るお月様も弦楽の音を聴いているようです
           龍頭の船は天子や貴人が雅楽などを楽しむための船
           岸辺のすすきのひとつひとつも和紙で作られています」 ・・説明文より
c0229483_2135799.jpg

          「鍵屋浦の秋」
c0229483_22314022.jpg

c0229483_22321693.jpg


         枚方宿鍵屋資料館 「和紙ひな人形展」
           ・枚方市堤町10-27     ・電話 072-843-5128
           ・開催期間・・新聞では3月27日までとありますが
            資料館で頂いた手持ちの資料では3月30日までとなっております
           ・9時30分~17時まで 火曜日は休館日です
           ・入館料・・大人200円  

           ・尚 予約にて「ひな御膳」を頂くことができます
            こちらは3月27日まで 11時30分~14時です



.

by yuko-2816 | 2017-03-03 07:28 | ・枚方・寝屋川・池田  ・守口 | Comments(0)