人気ブログランキング |

カテゴリ:東北地方( 12 )

秘湯 鶴の湯 №3

一度は行ってみたいと思っていました乳頭温泉郷 鶴の湯
乳白色の露天風呂
足元は小粒の石がひき詰められてブクブクと湧き上がる自噴泉
c0229483_140386.jpg

ブナ林に囲まれた深山に抱かれ人里離れたお宿です
川のせせらぎを聞きながら
湯煙がもうもうと立ち込める幾つもの温泉に癒されて

玄関とお部屋棟
c0229483_0572157.jpg
c0229483_0575349.jpg
     
ここを通って玄関へ      玄関           お部屋は二階の新本陣 
c0229483_19524190.jpgc0229483_19515838.jpgc0229483_19522462.jpg

古きよき佇まい  廊下から見る本陣
c0229483_174372.jpg

素朴であったかいお料理の数々 
夕食には名物の山の芋鍋やイワナのお造り
山菜やコケ類がふんだんに使われていて思わず「おぉぉぉ~」

地元で採れた食材ばかりの贅沢なお食事です
c0229483_1274129.jpg

c0229483_115544.jpgc0229483_9134189.jpg イワナ
 お造り 
 美味し
 かったわぁ♪

 黄色い
 モミジが
 添えられ


c0229483_1141612.jpg

山の芋鍋             やまぶし茸と合鴨

朝食は囲炉裏のあるお部屋です
c0229483_1116251.jpg
c0229483_1111114.jpg

人気の鶴の湯
お宿のお食事への気くばりは相当なものと察しいたしました
温泉もお食事もお宿も満足感いっぱい...そしてお手ごろなお値段

地元の食材でのお料理は
農家の方や近辺地域ぐるみで頑張ってらっしゃる様に思います
お宿当主の心いきなんでしょうね・・・回りも一緒に活気づくという        

東北旅行スタートへ戻ります豪華客船 飛鳥Ⅱ 

         




.

by yuko-2816 | 2013-01-29 01:34 | 東北地方 | Trackback | Comments(2)

乳頭温泉 鶴の湯 №2

大寒の真っ最中の一番寒いときに温泉のお話しを持ってきました  

乳頭温泉郷のなかでも最大の人気を誇る鶴の湯 
秋田藩主の湯治場だった由緒が残り門を入って左の棟は武士が詰めた長屋
「本陣」と今も名前を残されてお部屋になっています

本陣
c0229483_16282113.jpg

本陣は昔ながらの長屋のまま幾つもの部屋に分かれ客室になっています
c0229483_16284563.jpg

川の右側は宿泊棟  左側は温泉棟に分れています                
趣きのある有名な露天風呂の中の足元は小石がしきつめられて
小石の間からブクブクと温泉が湧き出ています...いい気分!
c0229483_10324070.jpg

乳白色の露天風呂
c0229483_103373.jpg
c0229483_10122397.jpg

幾つもの温泉棟に分かれています
温泉は泉質が全て違って白湯・黒湯などと泉質によって
冷えにいい湯・子宝の湯・眼っこの湯などと
c0229483_109339.jpg

温泉棟からはモクモク湯煙があがっています
c0229483_1092582.jpg
c0229483_1094027.jpg
c0229483_1095523.jpg
c0229483_10101521.jpg
c0229483_10111117.jpg
c0229483_10125681.jpg

風情のある建物や景色は好きで好きでたまりません
これはいつも
何処か繕いをされていてお客さんがゆっくり出来る工夫をされている
当主の方と共に専属の大工さんもいらして
茅葺屋根なども常に手入れをされているそうですよ

こんな風に古くからの秘境温泉を地道に守ってこられたからこそ
魅力いっぱいで私などは虜になってしまい人気のお宿なんでしょう

秘湯 鶴の湯 №3






.                   

by yuko-2816 | 2013-01-28 10:23 | 東北地方 | Trackback | Comments(0)

秋田 乳頭温泉 鶴の湯 №1

東北旅行の秋田南八幡平国立公園 乳頭温泉郷 鶴の湯旅館
大自然に抱かれた350年の歴史を持つ鶴の湯

敷地一帯には湯煙がたちこめてとても魅力的な温泉
また行きたい...そんな想いにかられながらブログに記しています

夜道の中「この奥に本当にお宿があるの?」そう思いながら車を進めました
鬱蒼としたブナの森に囲まれた古びた建物や何ともいえない露天風呂
14もの泉質の違う浴槽は24時間ずーっと開放されいつでも自由
素朴に並ぶ滋養豊富な山の幸の数々に驚嘆の声をあげずにおれません

鶴の湯旅館        
c0229483_11115593.jpg
c0229483_1112161.jpg
c0229483_11122999.jpg
c0229483_11124323.jpg

乳白色の素晴らしき温泉情緒の露天風呂
底は砂地でポコポコと湧き出る湯に身をゆだねる贅沢さ 
「おらほの自慢の湯っこだよ」・・・そうご主人が微笑まれて 
c0229483_11125582.jpg

左側は宿泊棟 右側は温泉棟
c0229483_1113767.jpg

湯けむりでもうもうとしています
c0229483_11133180.jpg

敷地内にある喫茶など様々な趣のある建物
c0229483_11145542.jpg
c0229483_11151194.jpg
c0229483_11152525.jpg
c0229483_11154329.jpg

旅館のご主人があちらこちらを
いつも手入れされながらこの温泉旅館を守られているとのことでした

雑誌でもよく紹介されています鶴の湯旅館
なかなか予約が取れないのに
急な当日の電話で一部屋空いていました...とてもラッキーでした

お食事を持ってきてくださった方が
「えぇぇぇ~~ 当日の電話で? 予約が取れたんですか?」 って
目を丸くビックリされる程先々まで部屋の空きがない旅館とのこと

雑誌から冬の全景
c0229483_11271125.jpg


乳頭温泉 鶴の湯 №2



       



.

by yuko-2816 | 2013-01-27 11:16 | 東北地方 | Trackback | Comments(0)

岩手 八幡平の風景

八幡平
c0229483_8445635.jpg

白樺並木
c0229483_8452279.jpg
c0229483_8485773.jpg
  
八幡平から高速で青森八戸へ
c0229483_8502737.jpg
    
c0229483_8504625.jpg
 
青森八戸  大平洋側は日差しがあって紅葉も綺麗です
モクレンの紅葉
c0229483_8541295.jpg

夏でも気温が低い所なんでしょうね~~
冬の季節なのに紫陽花がこんなに綺麗で紅葉と紫陽花のミスマッチです
c0229483_8565871.jpg

八戸から帰り仙台方面へ向けて高速を
八幡平が見えてきました
c0229483_21292737.jpg
c0229483_8585648.jpg

八戸への第一の目的はこの『いちご煮』が欲しかったことです
ウニとアワビの濃厚なお味の潮汁です
c0229483_13534059.jpg

              八戸ではやっぱりこれです
c0229483_205041.jpg
       
c0229483_20493241.jpg

北国ですね~~ホームセンターではこんなカラフルな雪かき用のスコップ類
珍しくて写真を撮ってしまいました...
富山でもこんなのを売られているのだろうなぁ
昔はこんなカラフルなのはなかったわぁ
c0229483_135245.jpg

夕方大阪を出て北陸道から新潟を通り仙台からスタートしました東北旅行
仙台・松島へ入り釜石・女川を経て秋保(あきう)温泉泊

山形蔵王のふもとから秋田男鹿半島をへて秋田乳頭温泉泊
秋田田沢湖から岩手八幡平をへて青森八戸まで行き岩手平泉と一関泊
世界遺産の平泉中尊寺・毛越寺から
仙台へ戻り仙台港からフェリーで名古屋港へ~~4泊5日の旅でした 
陸路3000キロ+フェリーと...  岩手県は特に広い県ですね

東北旅行の最終は仙台から太平洋フェリーに乗って名古屋港へ~~
仙台港でめぐり合わせた豪華客船 飛鳥Ⅱこちらです

東北旅行の続きの名古屋市内徳川家 「徳川園」


             



.                        

by yuko-2816 | 2012-11-27 08:45 | 東北地方 | Trackback | Comments(3)

秋田 田沢湖

乳頭温泉のすぐ横に位置します田沢湖は秋田の人気スポット神秘の湖
水深423.4メートル 周囲約20キロと日本最深の湖です
c0229483_125385.jpg

御座石神社
c0229483_1253512.jpg
c0229483_1258640.jpg
c0229483_1255093.jpg
c0229483_12592674.jpg
c0229483_12594917.jpg

田沢湖遊覧船
c0229483_1302762.jpg
c0229483_131379.jpg
c0229483_132580.jpg

田沢湖をあとにしました
c0229483_132406.jpg

この後は秋田県八幡平の大自然を通り青森の八戸へ
岩手 八幡平の風景






.          

by yuko-2816 | 2012-11-26 12:55 | 東北地方 | Trackback | Comments(2)

秋田 男鹿半島

11月6日山形蔵王のふもとから男鹿半島へ
残念でしたのは
蔵王のお釜への道路が11月5日の午後5時で閉鎖されてたことでした
調べていなかったため数十時間前に閉鎖とは...トホホ
私は昔行った事があったのですが再びと思っておりました
        
山形蔵王のふもとは紅葉にはまだ早いようです
濃霧がかかっています
c0229483_10135756.jpg

少し登ると景色が変わり
c0229483_1017674.jpg
c0229483_10171980.jpg

山の天気はどんより悪いです
c0229483_10175745.jpg
c0229483_10181087.jpg

足元の紅葉
c0229483_1134297.jpg
c0229483_1135545.jpg

山形を後にしまして秋田男鹿半島へ
どんより曇り空やはり日本海側の気候ですね
ふるさと富山の冬の気候を思いだします...冬はこんなんだったなぁ~~と

目に飛び込む「なまはげ」
「泣く子はいねが~~」と ますます泣きますね
やはり何故か怖いものがあります (@^-^@)
c0229483_10231699.jpg

男鹿半島の冬景色
中央左に釣り人がいてるんですよ
c0229483_10235997.jpg

絶景なんですけれど...どんより空で残念です
c0229483_10253036.jpg
c0229483_1025468.jpg
c0229483_1026498.jpg
c0229483_10261625.jpg

キノコ蕎麦を頂きました
お蕎麦とキノコは美味しかったです~~でも関西のお出汁になれてますので
ちょっと醤油が勝ってました(´・ω・`)
c0229483_1051171.jpg

この後は乳頭温泉 旅館「鶴の湯」へ車を進めます
今まで数多くの温泉旅館に泊まりましたが
こんなにいい風情の温泉旅館は初めてで今回の旅行の一番印象に残った所
        
紅葉を先にUPしたいと思いますので乳頭温泉は後に回します
コマーシャルだけでした~~キャ! (@^-^@)

秋田 田沢湖






.

by yuko-2816 | 2012-11-26 08:42 | 東北地方 | Trackback | Comments(1)

世界遺産平泉 毛越寺

毛越寺(もうつうじ)  国の特別史跡・特別名勝
c0229483_2063989.jpg

本堂
c0229483_207047.jpg

c0229483_2073090.jpg

浄土庭園
庭園と紅葉は感動ものです
c0229483_2074982.jpg

c0229483_20104711.jpg

常行堂
c0229483_20111433.jpg

c0229483_2012975.jpg

この紅いモミジは見たままの目が飛び出るような紅さです
c0229483_2011497.jpg

c0229483_20122776.jpg

遣水(やりみず)=池に水を取り入れる水路で往時のまま発見されましたもの
曲水の流れ
c0229483_2013172.jpg

鐘楼堂
c0229483_20133360.jpg

池中立石(ちちゅうたていし)
荒磯の風景を現したもの  毛越寺庭園を象徴する景趣です
c0229483_20135358.jpg

c0229483_2014862.jpg

岩手県の銘菓 『かもめの玉子』です
こちらの会社が津波で流されている所を報道で見ました
社長さんの「津波が来るから高台へ逃げれ~~逃げれ~~」
そんな風に従業員を誘導される切ない声入りの映像でした
その直後に高台の倉庫に残っていた商品を避難所へ配られたそうです
再建され本当に良かったです・・・
生協などで『かもめの玉子』を見つけると絶対買う私です

とっても美味しいですよ
c0229483_21395421.jpg

今日もたくさんの方に見ていただきましてありがとうございます♪
秋田 男鹿半島



         


.

by yuko-2816 | 2012-11-25 20:08 | 東北地方 | Trackback | Comments(2)

世界遺産平泉 中尊寺

松尾芭蕉の「奥の細道」でも知られます
平泉を歩いてみたいとかねてから思っておりました
昨年 平泉の文化遺産が世界遺産として登録され
ますます中尊寺と毛越寺(もうつうじ)への思いがありました

前日は中尊寺へは車で10分ぐらいの一関駅前のホテル泊にしましたので
中尊寺へは早朝のお参りとなりました
みちのくの中央に位置する尊いお寺 中尊寺 

中尊寺        
c0229483_21405055.jpg

11月8日の中尊寺境内
c0229483_2115038.jpg

中尊寺本堂
c0229483_2131733.jpg

c0229483_2134997.jpg

c0229483_216536.jpg

c0229483_2142183.jpg

金色堂覆堂
この中は金色堂黄金文化が広がります
c0229483_217150.jpg

松尾芭蕉と旧金色堂覆堂
c0229483_21113126.jpg

旧金色堂覆堂
昭和38年までのおよそ500年間 金色堂をおおってきた覆堂
c0229483_2191944.jpg

正面は経蔵
c0229483_21114884.jpg

経蔵
c0229483_21491960.jpg

c0229483_21121513.jpg

c0229483_21123382.jpg

白山神社と神楽殿(中尊寺鎮守)
c0229483_2114865.jpg

c0229483_21142770.jpg

鐘楼
c0229483_21175395.jpg

c0229483_21185861.jpg

弁慶堂
c0229483_21193418.jpg

薬師堂
c0229483_2120230.jpg

c0229483_21204119.jpg

松尾芭蕉が訪れた東北地方の四寺を廻る巡礼コースを
四寺廻廊(しじかいろう)と言うのだそうです

平泉中尊寺・毛越寺・松島瑞巌寺ともう一ヵ寺は山形立石寺(りっしゃくじ)
山形にも今回いきましたが立石寺には行ってかったです

一関駅  新幹線も通る駅ですがとっても静かな駅でした
c0229483_2250271.jpg


世界遺産平泉 毛越寺 






.        

by yuko-2816 | 2012-11-24 21:01 | 東北地方 | Trackback | Comments(4)

松島 島めぐり

観光船で日本三景松島湾をめぐってきました
この震災では松島湾内外にあります大小260余りの諸島によって
津波も他の地域より被害が少なかったようです

港近辺の道沿いも床上浸水が少しあった感じの写真なども掲示され
海が目の前の
海鮮丼を頂きましたお店もそのままの状態で再開されている感じでした

美しい松島の島々があって良かったです
c0229483_1033857.jpg

カモメがついてくるついてくる
c0229483_1039461.jpg
c0229483_10391778.jpg
c0229483_11165651.jpg
c0229483_10395183.jpg
c0229483_20454169.jpg

カモメが気になって風景どころではなかったわ~~
c0229483_19543755.jpg

カメラ目線です(@^-^@)
c0229483_104612.jpg
c0229483_10531374.jpg
c0229483_10532678.jpg
c0229483_10534384.jpg
c0229483_1054040.jpg

右は福浦島 赤い橋は福浦大橋
c0229483_10541249.jpg

クルージングを終えて車で松島海岸から奥松島・石巻・女川へと進みました
生活の場であったろうその場所には道路だけで何もなく胸が痛みます
その道路には
大型ダンプやトラックが復興やあとかたずけに忙しく走り回っています

山の高い木々に何かが取り残されて引っかかったり
三階建ての学校の屋上の手すりも曲がっています

あんな高い所まで...悲惨な状況の一部だけでしたが
本当にどうしようもない気持ちがおそいます
私達が行くことによって被災地でお金を使ったり人とのつながりや
被災地のことを思うことが『復興の力』になることと思います

被災地では観光客を待っています
         
仙台市街からほど近い秋保温泉泊 (あきうおんせん) 
c0229483_11293939.jpg

秋保温泉 ホテル瑞鳳  とてもいい温泉でした...
それにお食事も美味しくて食べすぎてしまいました(@^-^@)

世界遺産平泉 中尊寺





.

by yuko-2816 | 2012-11-23 10:32 | 東北地方 | Trackback | Comments(1)

松島散策 瑞巌寺

瑞巌寺
c0229483_9495483.jpg
   
瑞巌寺参道   
c0229483_95038100.jpg

洞窟群
洞窟群には五輪塔や笠付塔婆など無数の墓標が安置され
岩の壁面に彫りつけられています
c0229483_19484843.jpg

松島は古来「奥州の高野」と呼ばれ
浄土往生を祈念する神聖な霊場だったそうです

西国33箇所の本尊が祭られています
c0229483_1084277.jpg

元来納骨や供養のための施設で造営は鎌倉時代から江戸時代まで

第六番 壷阪山 南法華寺(壷阪寺)
c0229483_107972.jpg

実際の奈良壷坂寺はこんな所に建っています
c0229483_1046591.jpg

第14番 長等山 園城寺(三井寺)
一昨年の春桜の第14番 長等山 園城寺(三井寺)です
c0229483_108395.jpg

岩が見事に彫られています
c0229483_1010363.jpg

c0229483_10102278.jpg

c0229483_10104393.jpg

近江八幡 西国31番 長命寺
c0229483_1011193.jpg

隣の円通院
c0229483_10514132.jpg

c0229483_10532644.jpg

円通院隣はこんな建物が...幼稚園でした
c0229483_1943697.jpg


松島 島めぐり




                 
.         

by yuko-2816 | 2012-11-22 09:51 | 東北地方 | Trackback | Comments(2)