人気ブログランキング |

2016年 08月 06日 ( 1 )

小江戸川越 蔵の町色々な建物

         朝から暑いです
         今日は36度と日本一暑い大阪のようで熱帯夜で寝苦しい日々が続きます
         暑さの中でゴーヤが次から次へとぶら下がり毎日の食卓へ・・元気の素に

         養寿院
         大木の銀杏の木 秋には見事に黄色く染まるのでしょう
c0229483_17365648.jpg

          川越のシンボル「時の鐘」
          今回残念でしたのは「時の鐘」が工事中だったことです
          どこからでも見える存在なんですけれどね~~
c0229483_1739289.jpg

          1日4回午前6時・12時・午後3時・午後6時
          400年前から小江戸川越の街に時を告げ続けています
c0229483_17393946.jpg

                    「時の鐘」
                    この写真と下の写真は2010年のもの
c0229483_21235683.jpg
 
c0229483_21293718.jpg
                 
          蔵造り資料館
c0229483_17411545.jpg

c0229483_17421515.jpg

          大沢家住宅     「国の重要文化財」に指定
          川越蔵造りの家屋の中でも古い建造物
c0229483_174310100.jpg

          蔵の町の中にも大正時代の古きよき大正ロマンあふれる雰囲気
          ひときわ目立つ青緑色のドームを持つ大正7年(1918年)に建造
          現在は埼玉りそな銀行川越支店 国の登録有形文化財
c0229483_1745193.jpg

          大正浪漫夢通り
          大正から昭和初期にかけて建てられた建物が並ぶ町
          大正時代のロマンあふれています
c0229483_17473058.jpg

          聞信会館  奥に見えるのは法善寺
          武州銀行の川越支店だったというモダン建築 昭和3年(1928年)
c0229483_8323559.jpg

          ステンドグラスがはめ込まれています
c0229483_1747431.jpg

c0229483_1748646.jpg

          石造りのショーウインドーは珍しい
c0229483_1749685.jpg


       長年首の不調痛みから難病で治療の手段が無いと大学病院で下り絶望的に
       2010年1月 魔法の手で身体を整えて下さったさいたま市の先生
          
       今は何も不自由を感じない程になって痛みで出来なかった車の運転も可に
       進行すると言われながらそれもほとんどなくて・・・
       でも今回も健康維持の目的で4回目の先生の元へ
       そして先生を知るきっかけになった
       さいたま市に住む妹と久し振りにあって2日間の忙しい時間を過ごしました

       大阪へ帰る前の1~2時間 ばたばた「小江戸 川越」です
       ここはやっぱり一日必要なんですね~~見所が多い
       前回同様に「喜多院エリア」へ足を踏み込む時間が無くてとても残念でした

       小江戸 川越 2010 
         


.

by yuko-2816 | 2016-08-06 11:15 | 関東地方(未分類)・静岡 | Comments(0)