人気ブログランキング |

室戸岬 タービダイト層

室戸岬 タービダイト層(白い砂と黒い泥のしまの地層)
タービダイト層は約1600万年前に深海にあった
室戸は1000年あたり1~2m隆起し続けているので
隆起するさい砂や泥が地震や台風などで深海に運ばれ泥が降り積もる

こんなことが繰り返されて下から上に向った砂の層が海岸に現われています
知れば知るほど自然界ってすごいですね
c0229483_037719.jpg

タービダイト層
c0229483_0375383.jpg
c0229483_0381388.jpg
c0229483_0385270.jpg
 
竜宮巌  航海の安全祈願の神社
タービダイトを見て海から振り向くと
上方すぐ目の前だけれど岩の中腹に何かが見え隠れしています
よく見ると岩と木々の間に鳥居と社があって少し見つけにくい場所
木の間の右へ行ったり左へ行ったり何処から行けばいいの?
行けそうで行けない岩場です        
c0229483_120081.jpg
c0229483_1201470.jpg

浜アザミ
c0229483_8235961.jpg

塩菊  ここ室戸岬にしかないという植物
c0229483_825173.jpg

         
室戸岬 礫岩・偽礫岩


         



.      

by yuko-2816 | 2018-01-30 10:19 | 四国地方(未分類) | Comments(0)