人気ブログランキング |

興禅寺 斑蓮(まだらはす)

                     興禅寺(こうぜんじ)への道すがら
                     リンドウ
c0229483_23323199.jpg

                     ヒメヒオウギズイセン       
c0229483_23341575.jpg
            
            河内長野市  興禅寺(こうぜんじ)
c0229483_23344317.jpg

            千数百年前より咲き続けている白蓮華
            創建当時に植えられたものとの事で
            現在では全国に数箇所しかない珍しい古代蓮が咲き続けています
            
            斑蓮(まだらはす)が池一面に広がり
            白い花弁の縁が紫赤色にほんのり染めて気品ある白蓮華
            池の周りには多数の羅漢像と共に池には白い斑蓮(まだらはす)
c0229483_23355899.jpg

            本堂
c0229483_2337338.jpg

c0229483_835688.jpg

            随分長い年月この地に息づいているようです
c0229483_2338395.jpg

            数輪咲いていた斑蓮
            白い花の花びらに少し薄紫の色が付く・・・見えにくいです
            表裏異なった色の付き方のようです
c0229483_23403936.jpg

c0229483_833092.jpg

c0229483_23444712.jpg

c0229483_23451521.jpg

            お隣(同じ場所)に赤坂上之山神社があります
c0229483_23505759.jpg

            興禅寺は南海高野線 美加の台駅から高台の山手にあります
            アガパンサスと共に美加の台駅方面を望む・・見晴らしがいい
c0229483_23532381.jpg

            栗
c0229483_23534751.jpg


        興禅寺は昔は山の中にポツンと建っていたのでしょう
        山一帯を切り開いて造られたニュータウンの一角に鎮座して随分賑やかに

        美加の台駅の開業も昭和59年とありますから
        それまでは車以外では遠く離れた駅が最寄駅
        随分行きにくかったお寺さんだったことと思います
       063.gif        
        この記事を書きながら庭から聞こえるとてつもなく多い数のセミの大合唱
        何だか頭が痛くなってきました・・・夏を謳歌しているセミ
        それに負けじと夏をすごしましょう~~
        自分に言い聞かせつつ・・・〃^∇^)o_彡☆  (7月21日AM8時半記)

c0229483_18175419.jpg
 
          柚子の木 
          10センチ間隔ぐらいの狭い場所に脱ぎ捨てられた4っつのセミの殻
          庭にはすごい数の殻が点在します・・・近年クマゼミばかりです




.                                  

by yuko-2816 | 2016-07-21 08:29 | ・河内長野・千早・太子 | Comments(0)