寺内町四季物語 2017夏

                      富田林 四季物語 寺内町燈路 
c0229483_23592752.jpg

          江戸時代の風情が残る
          「国の重要伝統的建造物群保存地区」の町並みが
          1000基の行灯で浮かびあがります
c0229483_23523616.jpg
c0229483_23531430.jpg

          木口家
          珍しい石造りのショーウインドー
c0229483_23543246.jpg

          灯りがついて石造りのショーウインドーは素適な情景に
          センス良く飾られた灯りは暖かく照らします
c0229483_235631.jpg
c0229483_041162.jpg
c0229483_1540244.jpg


          寺内町四季物語 浄谷寺




.
[PR]

# by yuko-2816 | 2017-09-03 22:28 |  ・富田林・藤井寺・羽曳野 | Trackback | Comments(0)

国史跡・竹田城跡の一本松

            国史跡・竹田城跡
            先端の一角に立ちポイントになっている「一本松」と呼ばれる赤松
            その大事な赤松が枯れたんだそうです
            下の写真はネットから
c0229483_17571554.jpg

          そして私の写真から  撮影日時 2011/10/20 6:57:04
c0229483_1332763.jpg

          同じ日の雲海の中の一本松
c0229483_17595968.jpg

          樹齢100年程といわれる「一本松」
          100年来からの竹田城跡の景観が変わってしまいそうで残念ですね

          「一本松」は2011/10/20の写真に沢山写っています
          天空の竹田城址と雲海と です




.
[PR]

# by yuko-2816 | 2017-09-02 17:50 | 兵庫 | Trackback | Comments(0)

本薬師寺跡ホテイアオイ・夕陽

            本薬師寺跡 ホテイアオイと夕陽
            ホテイアオイは見頃をむかえており9月末まで楽しめるという
            8月27日 午後6時10分ごろ~6時30分ごろ               
c0229483_17124380.jpg
c0229483_17131271.jpg
c0229483_17133346.jpg
c0229483_2263127.jpg
c0229483_17135264.jpg
c0229483_17143772.jpg
c0229483_17153211.jpg
c0229483_1716544.jpg
c0229483_17164415.jpg
c0229483_1717829.jpg

          夕陽をめがけて午後5時30分ごろ出発で40分程で橿原城殿町へ
          何とか間に合って
          行き当たりばったりでしたが夕陽にも恵まれてよかったです




.
[PR]

# by yuko-2816 | 2017-09-01 17:20 |  ・橿原・明日香・高取方面 | Trackback | Comments(0)

本薬師寺跡 ホテイアオイ

          ホテイアオイは水草で茎の根元が丸く膨らみ
          七福神の布袋さんのように見えるのが名前の由来なんだそうです
          水田で子供達が泥んこになって植えてくれたのが目に映る様です
          9月末の赤い彼岸花
          黄金色の稲と高貴な薄紫のホテイアオイのコラボもとってもいいです
c0229483_1641830.jpg
c0229483_21233956.jpg
c0229483_21191529.jpg
c0229483_2120176.jpg




.
[PR]

# by yuko-2816 | 2017-08-31 08:17 |  ・橿原・明日香・高取方面 | Trackback | Comments(0)

本薬師寺跡へ・二上山の風景

         奈良県橿原市城殿町の本薬師寺跡に咲くホテイアオイへ・・
         この場所から徒歩数分の所に
         関西ではただ一人の金沢学生時代の友達が長く住んでいます

         そんな関係で今まで本薬師寺跡のホテイアオイを何度も見てきましたが
         畝傍山とホテイアオイのショットが撮りやすい午前中ばかりで
         夕陽に映える畝傍山とホテイアオイを見た事がありませんでした
         思い立って午後5時30分ごろ家を出発です

         午後6時前  奈良県側で好きな鉄塔風景に出会いました
c0229483_9285078.jpg

         午後6時10分ごろ本薬師寺跡に到着(駐車場がもう閉まって)
         畝傍山に夕陽が沈む少し前・・ギリギリセーフ
c0229483_932155.jpg

         思う事は同じなんですね~~
         すでに道二本にこんな状態で50人程がカメラを持って待ち構えています
c0229483_13494991.jpg
c0229483_9334437.jpg

         本薬師寺跡から見る畝傍山と右にニ上山
c0229483_177722.jpg

         まだ他の写真は見れていませんので
         帰りのニ上山の奈良側から見る大好きな風景です(@^-^@)あはは♪
c0229483_9365335.jpg
c0229483_9371017.jpg





.
[PR]

# by yuko-2816 | 2017-08-30 09:50 | 奈良(未分類) | Trackback | Comments(0)

可愛いオシロイバナ・Jアラート

          柵から飛び出している可愛い表情のオシロイバナ
          ばっちり目が会ってしまいました・・
c0229483_2133666.jpg

         Jアラート(警報システム)
         来月9月5日は大阪府一斉で880万人防災訓練が行なわれます
         私の方では11時3分頃と11時11分頃に
         Jアラートで速報され携帯電話へ知らされ警報音がなります

         前もって分かっている訓練であってもドキッとしていいものではありません
         今朝の弾道ミサイルによる
         Jアラートを発せられた場所ではどんなにか大変だったことと思います
         知り合いのご実家が北海道の丁度通過地点上に・・・
         早朝から家族の安否確認に追われたと話されていました

         Jアラートが発せられたどんな時も自分の回りで今何ができるか・・
         何処へ避難するか・・
         そんな事を考えながら日頃の訓練や心積りが大切とつくづく思いましたね

         それから「ローリングストック方式」の食料備蓄・・・これも大切
         数日前ガレージに備蓄していたはずの缶詰類がことごとく期限切れが発覚
         いざって言う時の為の外での備蓄はなかなか難しい
         もう一手間 家の中と外でのローリングストックを考えなければ・・

         色々考えさせられた8月29日の弾道ミサイルでした
          




.          
[PR]

# by yuko-2816 | 2017-08-29 21:19 | 花散歩徒歩圏・大阪狭山など | Trackback | Comments(0)

田辺の海岸

          紀伊半島・・三重県・奈良県そして和歌山県は特に広いです
          そして山も川も海も魅力がいっぱいで
          何度足を運んでも見つくせないですし行き飽きる事はありません
c0229483_0211157.jpg
c0229483_0221010.jpg
c0229483_0223830.jpg

          田辺市は武蔵坊弁慶(むさしぼうべんけい)の出生地とされる
          橋の欄干にも弁慶
c0229483_023134.jpg

        京奈和自動車道の五條北IC~御所南ICが工事中でしたが先日開通し
        和歌山JCT⇔岩出⇔郡山がつながりおまけに今は岩出まで無料区間

        それと外環状線(R170)和泉市の蜻蛉池公園付近の細い山越えが
        鍋谷峠から父鬼バイパス・トンネルが4月に開通し和歌山県のかつらぎ町へ

        今まで私の方から和歌山県へは
        阪和自動車道以外は渋滞がひどい国道R310紀見峠が普通でしたが・・
        和歌山県へは道路的にもすごく行き易く便利になりました

        和歌山県のスタート 和歌山県最南端辺りの風景 へ戻ります




.
[PR]

# by yuko-2816 | 2017-08-28 23:58 | 和歌山(未分類) | Trackback | Comments(0)

古座川町 滝ノ拝

         和歌山県の古座川町
         古座川町の一枚岩を報道で目にしたのがきっかけでした
         大阪から新宮へ抜けるとき古座川町は道が一本違うのです・・
         海岸沿いでは古座川の名前は知っておりましたが山沿は知らなくて 

         大自然の中を流れる透明度が高い清流古座川
         約60kmにわたって様々な表情を見せる自然一杯の景勝地
         古くさかのぼれば平地だった紀伊半島は
         1500万年まえの噴火に由来し山々ができたという熊野カルデラ

         その中の一つ 滝ノ拝(たきのはい)
c0229483_11403926.jpg

         立て看板より
         「なんだ! この穴だらけの川原は?」
         「滝の拝の川原では200mにわたり川床の岩盤に円形・船底型・溝型
         壷型など様々な穴(ポットホール)があいています
         この景観は川の水の流れが作った自然の芸術なのです」 
c0229483_1144051.jpg
 
         立て看板より
         「ポットホールはなぜここに}
         「ポットホールは硬い岩石の河床に形成されやすいと言われています
         滝の拝の周辺は浅い海にたまった砂や泥がマグマの熱の影響で
         焼き物のように焼き固められ硬くなっています」
c0229483_11445445.jpg
 
         すごい轟音(こうおん)で水が流れ落ちています 
c0229483_1145754.jpg

c0229483_1154276.jpg

         深そうな滝つぼでは二人がもぐっていました
c0229483_11451779.jpg


         田辺の海岸



.
[PR]

# by yuko-2816 | 2017-08-27 11:53 | 和歌山(未分類) | Trackback | Comments(0)

古座川の潜水橋

         大自然の中の山と川
         大阪から熊野や新宮方面へ抜ける時
         奈良県五條市から山の中を細くくねくね縦断をして海まで南下します

         和歌山県の山中では6年程まえ大水害にあって道もズタズタになりました
         今付け替え工事などが随分進み
         くねくね細い道だった所も綺麗なトンネルや広い道路に変わったりで
         以前の風景が
         見覚えのない場所へとなっている所もあってうっかり出来ません
c0229483_11485346.jpg

         そんな訳で今まで随分渡って楽しんだ奈良県十津川村の
         十津川谷瀬の吊り橋も意図しなければ以前の道は通らなくなって・・
         以前の世界遺産 熊野本宮・那智大社・那智の滝
         これは他の吊り橋です
c0229483_1241830.jpg
c0229483_1245698.jpg

         吊り橋からみる風景   いい風景でしょう~~
c0229483_12132422.jpg

         古座川町明神にある潜水橋
         「潜水橋」は欄干がなく増水時には中に潜ることで水面下に見えなくなり
         流木などによる被害を避けられるのが特徴の橋
c0229483_1212996.jpg

         大きい流木が引っかかっていました(@^-^@)
c0229483_12143934.jpg
c0229483_1215889.jpg

         潜水橋から見る風景
c0229483_12161346.jpg


          古座川町 滝ノ拝



.
[PR]

# by yuko-2816 | 2017-08-26 12:18 | 和歌山(未分類) | Trackback | Comments(0)

古座川町 牡丹岩

           古座川の牡丹岩  立て看板
c0229483_13232237.jpg
c0229483_13254282.jpg

         牡丹をさがそう・・・そんな風に書かれています
         全体の左上が牡丹かなぁ~~
c0229483_13261395.jpg
c0229483_13501724.jpg


         古座川の潜水橋



.
[PR]

# by yuko-2816 | 2017-08-25 13:29 | 和歌山(未分類) | Trackback | Comments(0)