カテゴリ: ・河南町・弘川寺(西行)( 9 )

弘川寺・観心寺の門前

          通りすがりでしたが久し振りに西行桜山といわれる弘川寺の門前へ
          4月初めの桜の頃はそれは素晴らしい風景ですが今はひっそりです
          このお寺の回りは何時も地元の方が
          何処彼処(どこかしこか)を手入れや掃除をされている風景に出会います
          地元の方達でお寺を守られているのでしょう

          紅梅
c0229483_8403356.jpg

c0229483_8414725.jpg

c0229483_842574.jpg

          本堂
          本堂の右手は桜山や西行墳がありますが
          ひっそり静まり返って今ですので登らなかったです
          どなたかがスケッチをされていました
c0229483_8422268.jpg

c0229483_8423629.jpg

          帰りは回り道をして観心寺の前を通り・・
          境内は梅の花が満開なのですが
          午後5時を回っていましたので門前からの風景です

          観心寺
c0229483_857666.jpg

          門前の楠木正成と梅の花
c0229483_8564849.jpg

c0229483_858865.jpg

c0229483_8582163.jpg

c0229483_8584748.jpg

          2016年3月 楠木正成ゆかりの観心寺・梅
          2012年4月 弘川寺 西行桜山  




.        
[PR]

by yuko-2816 | 2017-03-21 08:29 |  ・河南町・弘川寺(西行) | Trackback | Comments(0)

弘川寺 西行の寺 歌碑・句碑

    境内から桜山にかけて色々な方が詠まれました14の句碑が建っています
    花びらが散る中なかなか全部の句碑を見つけられなく
    この日も写真に収めながら花びらの散る様を見て歩いていました

    ① さびしさに 耐えたる人の またもあれな 庵(いほり)並べむ冬の山里 
                                            (西行)

c0229483_95138.jpg
    
    そこへ一人の男性が声をかけて下さったのです
    『ひさかたの 光のどけき 春の日に 静心(しづごころ)なく 花の散るらむ』
    ・・と「風に吹かれて花びらが舞い散っている...そんな光景を描いた一首ですね・・」
    などとお話をしていましたら
    なんと年間70回以上も弘川寺の桜山を歩かれていると話されて
    14の句碑の資料を下さったのです (5日に一回の割合ですね~~ビックリ)

    ②来たる世も 寺に住みたし時鳥(ホトトギス)  (南葉)前々の住職さん
c0229483_911786.jpg
      
    ③時じくに 松風のおと すみひゞく 西上人のおくつきどころ  
                                       (佐沢 波弦)

      ※西上人→西行さんのこと
c0229483_9535047.jpg
    
  ④月あかき ころともなれば おもひいでよ むつみなれてし 人はいかにと 
                                           (紫水)
c0229483_9564110.jpg
    
    ⑤年たけて また越ゆべしと思ひきや 命なりけり小夜の中山 
                                  (西行) (川田 順)筆

c0229483_9203878.jpg
    
    ⑤の拡大です
c0229483_1002055.jpg
    
    ⑥鶯や いつの世までを 淋しさに   (松瀬青々) 
c0229483_9232820.jpg
   
    小高い所の少し広い場所に西行墳があります
c0229483_9292077.jpg
 
    同じ敷地
    ⑦願わくは 花の下にて春死なむ そのきさらぎの望月のころ 
                                (西行)(尾山篤二郎)筆

    旧暦2月16日(新暦3月)73歳で亡くなられましたそうです
c0229483_9315416.jpg
    
    ⑧佛には 櫻の花を奉れ わが後の世を 人とぶらはば 
                                  (西行)(佐々木 信)筆

c0229483_9335722.jpg
    
    ⑨西上人 みたまつつむと 春ごとに 花散りかかる そのはかのうへ 
                                        (安田 章生)
    
c0229483_9315416.jpg

     この日はピッタリな光景で花びらがお墓に散りそそいでいました
c0229483_9361380.jpg
    
     同じ敷地には似雲墳もあります
     似雲憎は西行が亡くなって
     500年後西行墳を全国探し回りやっと弘川寺で見つけられたそうです
c0229483_9421235.jpg
 
     やっと西行墳をみつけて詠まれた句  ここまで西行墳と同じ敷地です
     ⑩尋ねえて袖に涙のかゝるかな 弘川寺に残るふるつか(古塚)  
                                    (似雲)じうん 自筆

c0229483_94476.jpg
 
    ⑪須磨明石 窓より見えて 住む庵の うしろにつづく葛城の峰  
                                            (似雲)

    西行庵より下の敷地に庵をたたて住まわれて 
c0229483_9475272.jpg
    
    ⑫いくたびの 春の思出 西行忌  (阿波野 青畝) 
c0229483_950215.jpg
   
    ⑬魔まで 唐紅(からくれない)に見ゆるかな さかりしぐるる葛城の峰 
                                            (西行)

    ⑭訪ね来つる宿は木の葉に埋もれて 煙を立つる弘川の里 (西行)
c0229483_9515079.jpg
 
    歌碑になってない和歌で 西行墳をお参りされて詠まれたもの
    西行法師の墓にもうでて (まえ書き)
   ・たをりこし 花の色香はうすくとも あはれみたまひ 心ばかりは (良寛)
   ・古つかを まづかる頃よ 夕立ぬ 弘川の村を ぬれてや行かむ(釈 迢空)


    榊 莫山さん
    「大和 千年の路」に書かれた⑤『川田 順』さんの句碑への感想について次回に

    追記『川田 順』さんの句碑への感想こちらに入れております
c0229483_11374972.jpg
   
         
         大阪市内電車が廃線になりましたとき
         敷き石はこちらのお寺で第二の人生を送っています♪  いいもんですね

         続きの榊 莫山 弘川寺の句碑について




.
[PR]

by yuko-2816 | 2012-04-25 09:47 |  ・河南町・弘川寺(西行) | Trackback | Comments(0)

弘川寺 西行桜山

         西行終焉の地 大阪府南河内郡河南町     (4月17日)         

         弘川寺 隅屋桜(すやざくら)
c0229483_21503543.jpg

        鐘楼と隅屋桜(すやざくら)
c0229483_21573584.jpg

        本堂
c0229483_2157512.jpg

        本堂
c0229483_21591512.jpg

c0229483_21594363.jpg

c0229483_2204395.jpg

        白山桜
c0229483_2224877.jpg

        山ツツジ
c0229483_2233352.jpg

        桜山から
c0229483_2244982.jpg

        西行庵跡
c0229483_22111941.jpg

        庵跡の辺りからは明石方面も見えます(秋の霞がかかっていない頃)
c0229483_2252145.jpg

        桜吹雪が舞っています
c0229483_225554.jpg

c0229483_2264724.jpg

c0229483_22364742.jpg

        花桃
c0229483_2272911.jpg

         次回は境内や桜山にあります14の句碑を入れたいと思います

         榊 莫山さん
         「大和 千年の路」に書かれた『川田 順』さんの句碑への感想についても
         実際の句碑をみて来ました

         弘川寺 歌碑・句碑



.
[PR]

by yuko-2816 | 2012-04-24 21:51 |  ・河南町・弘川寺(西行) | Trackback | Comments(0)

弘川寺 紅葉と西行墳

           私の近くにも紅葉を愛でるにとてもいいお寺があります
           弘川寺(ひろかわでら)
           楠妣庵観音寺(なんぴあん)・観心寺・延命寺の紅葉など

           西行法師終焉の地 弘川寺
           西行桜山と秋の紅葉は外す事は出来ません

           入り口で向かえてくれた木に心ひかれます
c0229483_2061496.jpg

c0229483_13191971.jpg

c0229483_10343246.jpg

        本堂にかかるモミジ
c0229483_103912100.jpg

 
c0229483_10434976.jpg

c0229483_10403176.jpg

      西行墳と歌碑
      西行 願わくは 花の下にて春死なむそのきさらぎの望月のころ
c0229483_2072266.jpg

      西行法師の墓にもうでて詠まれた詩
      良寛 たをりこし 花の色香はうすくとも あはれみたまひ心ばかりは

      西行墳の辺りは 常緑樹ばかりの様です
      毎年思うのですが西行堂のモミジも紅葉しないみたいです~~

      西行堂
c0229483_1392396.jpg

      境内
c0229483_10364026.jpg

c0229483_12581678.jpg

     
        弘川寺 歌碑・句碑 こちらにから

    056.gif 「心をば深き紅葉の色にそめて 別れゆくや散るになるらん」

        『私の心を深紅の紅葉に色に染めて分かれましょう』
        (散るとは、そういうことです)って言う詩を♪  by 梨花さんのコメントより

                                     



.
[PR]

by yuko-2816 | 2010-12-05 10:28 |  ・河南町・弘川寺(西行) | Trackback | Comments(1)

大阪府立近つ飛鳥博物館と雲

           緑にかこまれたこの博物館はそう遠くない隣町 
           設計者は狭山池博物館や淡路夢舞台と同じ安藤忠雄さんです

           展示室を上から見ると前方後円墳の形をしているそうです
           屋上は階段状の広場に
           やはりコンクリート打ちっ放しで斬新な設計です 

           そびえる塔は「黄泉の塔」 

           建物と雲 
c0229483_21285379.jpg
c0229483_21292183.jpg
c0229483_2131660.jpg

            この階段状のところが博物館の斜めの天井になってます
c0229483_21313973.jpg

            入り口は何処?こんな感じで 
            車を降りてからずーっと遠いです
c0229483_2132013.jpg
c0229483_21204349.jpg

         安藤忠雄さんの設計はコンクリート打ちっ放しに何ともいえない広い空間
         近つ飛鳥博物館も狭山池博物館も建物を見るために 
         遠くからの見学者も多いそうです

         博物館の回りは史跡公園になっています
         102基の古墳が有りますが次の機会に見学しようと思っています

         近つ飛鳥公園入り口に咲いてました
         ヘビイチゴ
c0229483_22502468.jpg

         ツユクサ
c0229483_22494314.jpg




.
[PR]

by yuko-2816 | 2010-08-05 21:16 |  ・河南町・弘川寺(西行) | Trackback | Comments(2)

弘川寺 西行桜山と境内の花々

      西行桜山は小高い山に見渡す限り さくら色にそまり
      中でも古代からの桜といわれる山桜 その気品さえ感じます

      「春風の花を散らすと見る夢は さめても胸のさわぐなりけり」

      数多く桜の歌を詠んだ西行

      「吉野山花の散りにし木の下に とめし心はわれを待つらむ 」
      (吉野山の散った桜の下に私の心は奪われたまま、
          あの桜は今年も私を待っているのだろう) 』by 梨花さんの コメントから

       この弘川寺の山桜や吉野桜を見ます時その存在がとても身近に思えます
c0229483_23472894.jpg

       秋にはこの場所から 明石 須磨が見えるとか...
       ここからの風景を見ながら 詠まれた歌があるのでしょうね~~
       秋の日にまた訪れたい (春は春霞が邪魔をして見えませんから)
c0229483_23471250.jpg

          弘川寺 本堂
c0229483_8113844.jpg

          西行庵
c0229483_8121252.jpg

          隅屋桜
c0229483_8123823.jpg

          利休梅
c0229483_23391865.jpg

          椿
c0229483_20584096.jpg

          シャガ
          地味な花だけれど とても複雑に着飾っています
          好きな花の一つです...
c0229483_213228.jpg

          ツツジ
c0229483_213243.jpg

          ハウチワカエデ
          桜山周遊道に手を広げかけていましたよ
c0229483_2133956.jpg


        


.
[PR]

by yuko-2816 | 2010-04-20 10:38 |  ・河南町・弘川寺(西行) | Trackback | Comments(10)

弘川寺 西行桜山

       春の桜山 秋の紅葉と見所の多い弘川寺
       桜山のシロヤマザクラと共に
       鮮やかなピンクや赤色の花桃で染まった風景が見事にかもし出されて

       花桃
c0229483_1765896.jpg

       本堂のモミジ
c0229483_2183571.jpg

c0229483_2184693.jpg

          願はくは 花の下にて春死なむそのきさらぎの望月のころ 西行
c0229483_9152529.jpg

          (願い通り、早春の2月16日73歳で弘川寺にて入叔され)
          弘川寺の裏山は 桜山周遊歩道になっています
c0229483_2110188.jpg

          西行庵のあったこの辺り
          今も秋の空気の澄んでいる頃 明石須磨あたりまで見えるそうです
          近年は明石大橋の光が見えるとか...
c0229483_14482771.jpg

c0229483_14485153.jpg

c0229483_14461589.jpg

         花に染む心のいかで残りけん 捨ててきたと思うわが身に   西行
          ( この世の執着を全て捨てたのに
                      何故こんなにも桜の花に心奪われるのだろか )
         西行桜山
         山は西行にまつわる色々のいわれがあるようです
         桜の木が1000本も満開状態でした                         

          弘川寺 西行桜山と境内の花々




.
[PR]

by yuko-2816 | 2010-04-18 21:43 |  ・河南町・弘川寺(西行) | Trackback | Comments(6)

西行法師と弘川寺

          弘川寺の紫木蓮
c0229483_166349.jpg

          願はくは 花の下にて春死なむ そのきさらぎの望月のころ  西行

          願い通り早春の2月16日73歳で弘川寺にて入叔されました
          (2月26日は現行暦で3月23日にあたる)
c0229483_1671260.jpg

        西行桜山
        お寺の敷地の小高い山は こんな名前がついています
        山は西行にまつわる色々のいわれがあります
        桜の木が一杯で春が楽しみになってきました

        花に染む心のいかで残りけん 捨ててきたと思うわが身に  西行
        『この世の執着を全て捨てたのに
                       何故こんなにも桜の花に心奪われるのだろうか』
        山は今 もみじや山芋の葉の紅葉と足元には 山つつじが沢山咲いて
c0229483_1674694.jpg

         西行墳
         西行法師の墓にもうでて
c0229483_168137.jpg


        歌碑になってない和歌で西行墳をお参りされて詠まれたものです

        たをりこし花の色香はうすくとも
                         あはれみたまひ心ばかりは   (良寛)


        古つかを まづかる頃よ 夕立ぬ 
                       弘川の村を ぬれてや行かむ (釈 迢空)




.
[PR]

by yuko-2816 | 2009-11-25 20:19 |  ・河南町・弘川寺(西行) | Trackback | Comments(15)

西行法師終焉の地 弘川寺紅葉

        弘川寺(ひろかわでら)の紅葉
c0229483_1994080.jpg
c0229483_1910848.jpg
c0229483_2331793.jpg

            何時の季節に訪れても
            何処か空気がピーンと張り詰める様な~~
c0229483_23562792.jpg

            白南天
c0229483_1621956.jpg
c0229483_16329100.jpg

            お寺の調度品 ラデンのテーブル
c0229483_23312945.jpg

 
          ほかの弘川寺の記事へは
          カテゴリ弘川寺(西行桜山)・河南町からお入り下さい




[PR]

by yuko-2816 | 2009-11-25 14:13 |  ・河南町・弘川寺(西行) | Trackback | Comments(4)