カテゴリ: ・榊莫山『大和千年の路』( 6 )

榊 莫山さん 秋篠寺によせて

        榊 莫山さんの『大和千年の路』を読ませていただいて
        ご本の中に大阪河南町の弘川寺と奈良秋篠寺の
        『川田 順』さんの句碑への感想について書かれています

        榊 莫山さん
        「秋篠寺にほれ 伎芸天に恋したのは なんたって川田 順である
        その碑は小さい とても小さい
        そしてさりげなく
        本堂の西の雑木の木かげで いかにもうっとり立っている 」

        秋篠寺 本堂
c0229483_23311438.jpg

        そしてこの奥の雑木の木かげに
c0229483_2332959.jpg

        聞かなければ分からない程の奥にさりげなく
c0229483_23333487.jpg

        諸々の み佛の中の伎芸天 何のえにしそ われを見たまふ  順 
c0229483_233721100.jpg


              秋篠寺こちらから     弘川寺 こちらです


.
[PR]

by yuko-2816 | 2012-07-18 23:43 |  ・榊莫山『大和千年の路』 | Trackback | Comments(2)

榊 莫山さん 弘川寺の句碑について

           榊 莫山さん
           「大和 千年の路」に書かれた『川田 順』さんの句碑への感想について

           年たけて また越ゆべしと思ひきや 命なりけりさやの中山 
                                     (西行)(川田 順)筆
    
           69歳になって再び中山(現在の掛川市にある東海道の難所の一つ)を
           越えることが出来たのは長く命があったからこそ       
c0229483_23504557.jpg

              拡大
c0229483_20495416.jpg

            裏側には昭和天皇が筆をとられた川田 順さんに
            『西行の句を一つ取り上げるとしたら どの句を選びますか?』
                                          とお聞きになって
            川田 順さんはの句を選ばれた・・そんなことが書かれています

            裏側
c0229483_20502930.jpg

       川田 順さんの筆をとられた文学碑が秋篠寺にもあるそうなんです
       (秋篠宮様が名前をこのお寺からというので当時脚光を浴びました)

       榊 莫山さんのご本から
       秋篠寺の文学碑は
        「小さい とても小さい 
        さりげなく本堂の雑木の木の陰でいかにもうっとり立っている
                        文学碑というのはこういう風情でなくてはならん」 
       弘川寺の文学碑は...
         <西行上人東国行脚の詠>とか<芸術院会員>とか<謹書>が書かれ
         台座の上ですわっていたり
         高いところから見おろしていたり いばっているのを私は好まない...
       後に川田 順さんの奥様から
         「川田はあの碑が気に入らないといって除幕式にも行かなかったんです」 
         と、聞いてわたしはほっとした 
c0229483_21335387.jpg

        桜山から明石まで見えるという素晴らしい景色です
        春の季節は春霞や黄砂で見えませんが秋には見えるとか。。。

        奈良秋篠寺にもしばらく行ってませんので
        機会をみつけて莫山さんの好みの文学碑を見てみたいです

        追記
        弘川寺 歌碑・句碑はこちらからご覧下さい
        榊 莫山さん 秋篠寺によせて こちらです


            

・    
[PR]

by yuko-2816 | 2012-04-25 20:50 |  ・榊莫山『大和千年の路』 | Trackback | Comments(2)

榊 莫山さんと屯鶴峯(どんずるぼう)

          榊 莫山さんのご本『大和 千年の路』にも出てきました屯鶴峯
          莫山さんは
          「どこでもあまり見かけない奇景といってよい
             白い山は草も木もなかった...ただただひたすら白いのである」

          そうなんですよね~~ただただ白くとても珍しい風景です
          十数年この山に登ってませんでしたので思いたちまして行ってきました

          二上山の火山活動によって
          火山灰などでこの山屯鶴峯(どんずるぼう)ができ
          1500万年前とか2000万年前とかの大昔のこと
          その間の風化・浸食を経て奇岩群となり天然記念物になっています
          屯鶴峯から二上山・葛城山・金剛山と続く尾根は奈良と大阪の境界

          二上山とそのすぐ左に位置します屯鶴峯
c0229483_19525810.jpg
 
c0229483_19531667.jpg

           高い所から女の子が手を振ってくれました
           少し前まで私もあの場所にいました
c0229483_17305617.jpg

c0229483_2063714.jpg

c0229483_2071379.jpg

c0229483_2075799.jpg

           ソヨゴの赤い実
c0229483_2081321.jpg

          どういえばいいのでしょう...
          随分侵食が進んだとでも言えばいいのでしょうか~~以前の感じと違う
          崖ぞいにずーっと向こうまで行けたと思うのに思うように進めない
c0229483_2085036.jpg

          あっちへ回ったり こっちから回ったり 
          しかも高低差への移動に足を踏み外すと崖下へ落ちるのは当然のこと
          滑りそうになったり細かい砂車にのりバランスをとるのに必死で怖い
c0229483_209866.jpg

          侵食だけではないようです...
          私がどんくさくなっているのかなぁ~~ピョンピョンと飛び乗れない
c0229483_2092535.jpg

c0229483_2010775.jpg

          サルトリイバラの実
c0229483_20103070.jpg

          十数年前までは思わなかった思いの屯鶴峯です
          すぐ近くまで裾野が整備され住宅地が開発され家が迫っていました
          周辺もこの白い山も昔の屯鶴峯とは少し変化しているようです
c0229483_20111794.jpg

          山のすぐそばには
          河内ワインの葡萄ハウス栽培がせまっています
c0229483_20121681.jpg


         松林の中に白い岩肌
         遠くから眺めると松林の中に沢山の鶴が屯(たむろ)いるように見える
         そんなことから屯鶴峯(どんずるぼう)という       

      ※ 追記 2017年2月の新聞記事より抜粋致しました
         第二次世界大戦末期に当時の陸軍が1944年(昭和19年)頃
         屯鶴峯の地下に延長2キロの防空壕を掘った
         予定していた軍事施設が完成する前に終戦となり無用の長物に・・

         1967年(昭和42年)から防空壕は
         地震予知の研究所 京都大学防災研究所の観測所として使われている


                  

.
[PR]

by yuko-2816 | 2012-04-01 19:56 |  ・榊莫山『大和千年の路』 | Trackback | Comments(2)

『大和 千年の路』によせて 東大寺

c0229483_2252155.jpg

          昨日の二上山に続きまして
          榊 莫山さん『大和 千年の路』によせて...

          今日は偶然でした...奈良東大寺のすぐ近く
          奈良市中央第二武道場での全国かるた大会へ行く用があったのです
          昨日
          莫山さんのご本の中で「東大寺海雲」が目にとまっていました
   
          今日2月19日の画像から
c0229483_2023358.jpg

          南大門
c0229483_20273935.jpg

          鏡池に映る大仏殿
c0229483_20275366.jpg

          ご本の中から昭和46年頃の莫山さんのお話です
       072.gif当時の東大寺管長 上司海雲から電話がかかった...
          大仏殿の雨漏りがいよいよひどくなって大修理が必要だ
           
         東大寺大仏殿にはジンクスがあって
         大仏殿をいらった管長は「死ぬ」・・・とてつもないジンクスが
         江戸・明治の歴代管長を実際に死に至らしている

         海雲は「わしがやらんと誰がやる」そんな想いを胸に
         資金集めの写経のお手本を莫山が書くことに


          この大仏殿の大修理
c0229483_20271238.jpg

       072.gifやがて大修理がはじまり
         管長は夜といわず昼といわず多忙きわまりなく胃が痛み出し
         大仏殿昭和大修理のさなか
         昭和50年1月25日 海雲は天へ還ってしまわれたのである

c0229483_2041459.jpg

c0229483_2042445.jpg

          このような出来事のご本を読んだ数時間後
          今日私は
          大仏殿の前に立つことに海雲管長と莫山さんのことを想いながら

          そして偶然この写真が目に飛び込んできたのです
          昭和55年10月15日の落慶法要の写真が
          管長はどんなにかこの日の事を夢見られたことかと

          最初の電話から落慶法要まで10年足らずも経ってたんですね
          そういえば思いだしました...この頃工事中だったことを
c0229483_20475631.jpg

          昔も今も変わらぬ大仏殿「柱くぐり」
c0229483_2155695.jpg

c0229483_2113196.jpg

c0229483_21172286.jpg

          何時ものぞくところ 東大寺勧学院の庭
c0229483_21174248.jpg
 
          東大寺勧学院土塀       
c0229483_21175921.jpg

          東大寺へは昨年の秋にもいきました
          でも今日はいつもと違う感情を持ちながら奈良公園を歩きました

          昨年秋の東大寺こちらと東大寺裏側の紅葉こちらです
           


 
.                  
[PR]

by yuko-2816 | 2012-02-19 20:07 |  ・榊莫山『大和千年の路』 | Trackback | Comments(2)

『大和千年の路』によせて 二上山

           先日私の記事の中で
           『二上山 榊 莫山さんの歌碑』 にjicんさんからコメントを頂きました

           書家 榊 莫山さんのご本『大和 千年の路』を読まれていて
           「二上山 榊 莫山」から私のブログにきていただいたのだと思います

           二上山といいましたら
           私の方から何処からでも見えブログでも話題にし気楽に登る山
           今年1月中旬 二上山へ行きました時の画像があります
           
           聖徳太子のお墓がある叡福寺(えいふくじ)近辺から千年昔の気分に
c0229483_18412773.jpg

              そして莫山さんと言えば晩年は伊賀上野に住まわれ
              あのひょうひょうとされた莫山さん...大好きでした

              『大和 千年の路』を読み始めました
              好きな奈良大和の事が色々書かれています
c0229483_211030100.jpg

         大阪と奈良の境界は生駒山をへて屯鶴峯と呼ばれる山から
         山並みは二上山から竹内峠や葛城山と水越峠そして金剛山へと続きます

         ※屯鶴峯 
         二上山の火山活動により
         1500万年間の風化・浸食を経て奇岩群となった岩山
         灰白色のつるっとした断崖が鶴の群れに見える事から名付けらたそうです
         屯鶴峯こちらです  後日屯鶴峯へ行きました記事です
     
         二上山の風景
c0229483_18561827.jpg

           『大和千年の路』
           目にとまりました...余談ですが小林秀雄さんの名前も出てました
           小林秀雄さんと言えば白洲正子さんが好きで色々なご本を読みました
           その中に小林秀雄さんが...楽しみです    

           いま二上山のページを走り読みを致しましたが
           ご本にそって再確認をしなければ...そんな思いです
           そして何だかドキドキしています(´∀`*)

           万葉の森(7月の画像)
c0229483_10521714.jpg

                登山口近く古代池  トキリマメ
c0229483_10464364.jpg

           古代池広場 莫山さんの碑
           《花アルトキハ 花二酔イ  風アルトキハ 風二酔ウ》  莫山
c0229483_8354510.jpg

           莫山さんのご本から
           072.gif能勢町(大阪府)の黒御影...
           石を勾配ゆるく斜めに切られて
           石が切られた斜面は大きな顔をして空をみつめている

           雨降れば雨もよし
           風吹けば風もまたよし...と ごきげんだ  
           亭(ちん)がたち...などと書かれています
c0229483_10455469.jpg

           ご本には出てきませんが
           古代池近くには明日香の高松塚の石棺を切り出されたところです
c0229483_111994.jpg

           山頂への山の中 前方に雄岳が見えてきました
c0229483_1049479.jpg

           雌岳近くの碑
           雄岳・雌岳の分かれ道 馬の背あたり
           二上山をイメージした大小2個の石が並んでいます
           二上山は千年前 雄岳・雌岳ともに噴火したトロイデ火山という

                                   《トロイデ火山ハ 静マリテ》 
          《女岳男岳ヲ 拝ム里  尼上嶽ト誰カ言ウ》   莫山      
c0229483_10495243.jpg

          奥は雄岳と寒椿
c0229483_10505332.jpg

          雌岳頂上 日時計
          ここから東に大和盆地 大和三山などが見渡せます
          西に河内平野から大阪湾や神戸六甲あたりまで...この日は霞んで
c0229483_10502229.jpg


             jicんさんのブログ『色えんぴつと虫めがね』こちらです
             とっても粋でシャイで素敵な方ですよ...
             ブログを見せて頂いてそんな風に思いました

      

      

[PR]

by yuko-2816 | 2012-02-18 17:41 |  ・榊莫山『大和千年の路』 | Trackback | Comments(5)

飛鳥寺 飛鳥大仏

          飛鳥大仏
          1400年もの間 この場所に安置されたまま
          その間 火災にあい雨ざらしだったことも...   
c0229483_1733269.jpg
      

          飛鳥寺 飛鳥大仏は
          カテゴリ 奈良明日香と重複します 
       
          奈良をみつめて 飛鳥寺こちらをご覧下さいませ





[PR]

by yuko-2816 | 2012-02-17 17:17 |  ・榊莫山『大和千年の路』 | Trackback | Comments(0)